式典参列

大使の平和式典参列 一部米紙で痛烈な意見
< 2010年8月7日 9:41 >

 広島市で6日に行われた平和記念式典に、ルース駐日大使がアメリカ政府の代表として初めて参列したことについて、アメリカメディアの一部では、痛烈な意見も見られた。

 6日付のウォール・ストリート・ジャーナルは、ルース大使の広島訪問は「日本との連携を強くするかもしれないが、オバマ政権に政治的リスクをもたらすかもしれない」と警戒感をにじませた。

 また、ニューヨーク・ポストは社説で、日本のアジア攻撃は悲惨なもので、原爆は戦争を効果的に終わらせたと主張。日本に対して「謝罪する必要はない」と強調した。

日本人の中にも今回の参列を批判する人もあるようだ。不十分だ、と。
ま、いろいろ意見はあるのは当然だけど、少なくとも一歩前進したことは評価すべき。

それにしてもだ、アメリカのメディアの一部の反応はいささか極端だ。
そもそも、米国に対して謝罪など求めていない。
求めているのは、核のない平和な世界にするという一点だ。

原爆は戦争を効果的に終わらせた、とする意見には一理あるが、それが人道的に正しい行為だったかと言うことは別に議論が必要な問題だ。
日本のアジア攻撃が悲惨だったからといって、悲惨な原爆を使っていいという積極的な理由にはならない。
植民地主義・帝国主義は当時は正義であり、侵略が必ずしも悪いことと認識されていたわけでないことは、欧米諸国はわかっているはずだ。

オバマが目指しているのは核の廃絶だし、日本が目指しているのもまた核の廃絶だ。
決して過去の使用の謝罪ではない。
謝罪してくれれば大変よいことだとは思うけど、日本はアメリカ世論がそれを認めないことを知らない馬鹿じゃない。

mugakudouji
政治時事歴史

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。