ブログパーツ シャーロック・ホームズ名言集

Diogene Clubにある、シャーロック・ホームズ名言集スクリプトを見ていて思いついた、わずか一分で作成したブログパーツ。
洗練はされていないけれど、ま、使えるから許して。
ご自由にお使いください。

<P align=”left”><SCRIPT language=”JavaScript”>
<!–
var m1 = “君はただ眼で見るだけで、観察するということをしない。見るのと観察するのとでは大きな違いなんだぜ。(9)”
var m2 = “知らないのは、心で見ないからだ。(9)”
var m3 = “概念的な印象にたよるのをやめて、細かい点に注意力を集中することだね。(12)”
var m4 = “分からないのは見えないのじゃなくて、不注意だからさ。見るべき場所を見ないから、それで大切なものを全て見おとすのさ。(12)”
var m5 = “パイプというものは、往々きわめて面白いことを教えてくれる。懐中時計とくつひもとをのけたら、おそらくこれほど個性をあらわすものはあるまい。(17)”
var m6 = “論理家は、すべての物事をあるがままに見なければならない。(18)”
var m7 = “人間というものは、日常の言行にどこか個性のあとがあらわれるから、熟練した観察者ならば、それによって容易に鑑別できる。(19)”
var m8 = “眼鏡くらい推理の材料にいいものはちょっとほかに見あたるまいと思うね。(33)”
var m9 = “あらゆるものを自信のある注意力をもって十分調べてさえいたら、あらかじめ用意していたでたらめな話にごまかされることなく、初めから先入観に捕われないで事件を研究してさえいたら、別行動を起こすべき明確な事実を何かしら発見しないはずはなかったと思う。(42)”
var m10 = “僕はプラトンの立場に自分をおき、あらかじめプラトンの知力の程度をさだめておいて、さて僕がそういう立場にたちいたったら、果してどうするだろうかと考えてみた。(2)”
var m11 = “あるできごとを順序を迫って、話してゆくと、多くの人はその結果がどうなったかをいいあてるだろう。彼らは心のなかで、個々のできごとを結びあわせてそこからある結果を求めるのだ。しかし、ある一つの結果だけを与えられて、はたしてどんな順序をへてこういう結果にたち至ったかということを、考えてすらすらといいあてうるものは、ほとんどない。これを考えるのが僕のいう逆推理、すなわち分析的推理なんだ。日常生活のうえでは、推理を未来ヘ動かすほうが重宝なものだから、逆推理のほうは自然閑却されるんだ。綜合的推埋のできる人五十人にたいして、分析的推理のできる人はせいぜいひとりくらいのものだろう。 (9)”
var m12 = “異常な事がらというものは手がかりにこそなれ、決して邪魔になるものじゃない。(8)”
var m13 = “一貫した推理の糸の一ヵ所に、一見これと矛盾する事実の現われたときは、必ずやこれにとってかわるべき解釈があるものだ。(3)”
var m14 = “一滴の水からも、大西洋やナイアガラの滝が存在しうることを推定できる。(3)”
var m15 = “こうした事件を解くにあたって大切なのは、過去にきかのぼって逆に推理しうるかどうかだ。(3)”
var m16 = “証拠材料がすっかり集まらないうちから、推理を始めるのはたいヘんな間違いだよ。判断がかたよるからね。(3)”
var m17 = “探偵学のうちでも、この足跡の研究くらい大切でありながら、忘れられているものはあるまい。(3)”
var m18 = “僕は消去法によってこの結論を得たのだ。(3)”
var m19 = “決して先入観をもたぬこと、事実の導くところには柔順に従うということに、とくに意を用いている。(8)”
var m20 = “探偵芸術では、数多くの事実の中から、果してどれとどれが偶然の事象で、どれが必然の事象であるかと判別し得る能力が、もっとも重要だ。(8)”
var m21 = “資料もないのに、ああだこうだと理論的な説明をつけようとするのは大きなまちがいだよ。(9)”
var m22 = “推理の極致を発揮するには、推理家は知りえたあらゆる事実を余すところなく利用しうる力がなければならない。(11)”
var m23 = “人は事実に合う理論的な説明を求めようとしないで、理論的な説明に合うように、知らず知らずのうちに事実のほうをまげがちになる。(9)”
var m24 = “視界のひろいということが、この職業には要素の一つですよ。観念の相互作用、知識の間接的駆使などは、とくに面白いことがあるものだ。(16)”
var m25 = “電光的な推理や巧妙なわな、起こりうべき事がらへの鋭い洞察、大胆な仮定のみごとな的中―こうしたものこそわが生涯の誇りであり、生きがいというものじゃないでしょうか。(16)”
var m26 = “不十分な資料で、早まった仮説なんか作りあげるのは、この職業には禁物ですからね。(16)”
var m27 = “水に近い場所で、重いものが見あたらないときは、何かが水底に沈めてあると考えてまず狂いはない。(16)”
var m28 = “感情のうえの好悪というものは、明快なる推理とは相いれない。(19)”
var m29 = “事件の調査に必要なのは事実だけです。伝説や風評は役に立ちません。(20)”
var m30 = “変装を見破る能力は、犯罪研究家には第一の要諦だ。(20)”
var m31 = “子供をよく研究することによって、その両親の性情洞察に第一歩を踏み出した例がしばしばある。(21)”
var m32 = “明白な事実くらい、見損われ易いものはないよ。(22)”
var m33 = “状況証拠というやつ、すこぶる油断のならないものでね。(22)”
var m34 = “あたえられた多くの事実のなかから、真に重要なものばかりを引きぬいてきて、それを然るべく組み合わせ、事件の筋道を、あらためて構成しなおすのが眼目です。(24)”
var m35 = “推理家が、はたのものには非凡にみえる一種の効果をあたえ得るのは、はたのものが推理の根底になる小さな事象を見おとしてくれるからだ。(27)”
var m36 = “ほかのあらゆる可能性がすべてだめとなったら、いかに有りそうもないことでも、残ったものが真実なのだ。(30,38,55)”
var m37 = “私は鎖のひと環ひと環を鍛えに鍛えて、万全を期しているのです。ぜったいに間違いではないのです。(33)”
var m38 = “与えられた時問を有効に使わなければ。(37)”
var m39 = “立派な才能を持ちながら、想像力だけは働かそうとしないのは惜しいですよ。(37)”
var m40 = “材料はまだ出つくしていないのだ。それをすっかり手に入れたら、困難はすぐに乗りこえられるに違いない。(43)”
var m41 = “人間が発明したものなら、人間が解けない筈はない。(44)”
var m42 = “いったん見解を変えてみると、今まで罪の確証にみえていたことが、こんどは逆に真実への手懸りになる。(48)”
var m43 = “いまわかっているのが何と何だか一応おさらいをしてみよう。それによって資料を十分利用できることにもなるのだし、本質的なものと付随的なむのとの区別も明らかになる。(48)”
var m44 = “こうした秩序だった復讐は、政治的な関係でなく、私恨にもとづくものである。(3)”
var m45 = “犯罪にはきわめて強い類似性というものがあるから、千の犯罪を詳しく知っていれば、千一番目のものが解決できなかったら不思議なくらいのものだ。(3)”
var m46 = “もっとも平凡にして、しかも最も神秘的な犯罪がしばしばあるというのは、推理の発足点たるべき斬新な、または特殊な材料が見あたらないがためです。(3)”
var m47 = “僕らの犯罪研究の結果は、ただ彼らに記念品をもらわせてやることになるだけさ。(3)”
var m48 = “医者が悪事をはじめるとなると、最も怖るベきことをやるものだ。(4)”
var m49 = “依頼人の身分の高下なんか、事件の面白みほどにも僕には問題じゃないんだよ。(6)”
var m50 = “大きい犯罪というものは、とかく簡単だ。(12)”
var m51 = “とるに足らぬ事件のなかにこそ、つねに観察の場があり、原因と結果とを敏速に分析する活舞台があり、そこにこそこの仕事のもつ魅力が存する。(12)”
var m52 = “一般に事件というものは、不可解であればあるだけ、解決は容易なものだよ。ちょうど平凡な顔というものが覚えにくいように、平凡で特徴のない犯罪というものこそ、ほんとうに解決がむつかしいものなんだ。(13)”
var m53 = “世にも不思議で特異な事件というものは、大きな犯罪よりもかえって小さな犯罪に付随することの多いもので、じっさいどうかすると、犯罪があるか否かさえ疑わしいようなところに潜んでいることのあるものなんだ。(13)”
var m54 = “僕が重罪犯人を勝手に減刑してやったことにはなるが、その代りこれで一つの魂が救われると思う。(15)”
var m55 = “宝石というのは悪魔が見せびらかしている餌食みたいなものだ。(15)”
var m56 = “人間の知恵で解釈のつかない事件の連続なんてあるはずがない。(16)”
var m57 = “悪魔はいないにしても、悪魔の手さきのような人間はいくらもいるからね。(20)”
var m58 = “君の筆にすべきことも犯罪そのものではなく、犯罪を分析し綜合する推理のうえにこそなければならないのだ。(21)”
var m59 = “事件の異常さというやつは、それ自身一つの手掛りになる。犯罪は特色のない、平凡なものほど、犯人を突きとめにくいものだ。(22)”
var m60 = “警察というところは、事実を集めるのは堂にいったものです。それを生かして使うことは知らないくせに。(24)”
var m61 = “捜査のもっとも困難なのは、無目的の犯罪だ。(24)”
var m62 = “最近僕は、われわれの社会組織の欠陥からおこる比較的あさはかな犯罪事件よりも、自然がもたらす問題のほうにより多くひきつけられてきた。(31)”
var m63 = “この事件でキミの学ぶべき点は、つねに変化を見失ってはならぬということです。(36)”
var m64 = “どろぼうはひともうけしたら、原則として当分はあぶない仕事には手を出さずに、こっそりとそのもうけで楽をするというのが普通だ。(42)”
var m65 = “私は被害者に同情するまえに、加害者に共感をもちます。(46)”
var m66 = “将来が固まれば、過去はそう厳しくとがめだてするにも及ばない。(49)”
var m67 = “人が一つの犯罪に関係した以上は、それによって派生される他のあらゆる犯罪に、道義上責任がある。(49)”
var m68 = “法律は破られたけれども、正義はやはり復讐の刃を下すものだ。(5)”
var m69 = “こうなると犯罪者よりも法律のほうがわれわれには怖いことになる。(7)”
var m70 = “都会では法律の手の届かぬところにも、世論の力というものがあって、代りをつとめてくれる。(21)”
var m71 = “法の力が頼りにならないとすれば、われわれが危地にとび入るよりほかはないのだ。(25)”
var m72 = “人間の眼や口は、その人の感情をあらわす道具だと考えられている。(25)”
var m73 = “法の力が頼りにならないとすれば、ぼくたちが危地にとびこむほかないのだ(28)”
var m74 = “自分の良心をもてあそぶくらいなら、この国の法律をちょっと曲げてやったほうがいい。(42)”
var m75 = “この手段が法的にはもとるにしても、道義的には正しいのは君も認めてくれると思う。(46)”
var m76 = “この世には法律でどうにもならない犯罪というものがあります。(46)”
var m77 = “この世の中には法律の介入できない、したがってあるていどまでは、個人的な復讐を認めざるをえないような犯罪もあると思う。(46)”
var m78 = “正義の結末さえつけば、知っていることを何でも暴露するには及ばない。(49)”
var m79 = “これでも正義の代弁者のつもりでいます。(56)”
var m80 = “私は法律家ではありませんけれど、これでも正義の代弁者のっもりでおります。(56)”
var m81 = “僕はもぐらと選ぶところのない盲目だったんだ。(10)”
var m82 = “もし僕が、自分の力を過信したり、事件にたいしてそれ相当の骨折りを惜しんだりするようなことがあったら、ひとこと僕の耳に「ノウブリ」とささやいてくれたまえ。(17)”
var m83 = “理想的な推理家だったら、その一語ですべてを知っていなければならないはずなんだ。(27)”
var m84 = “自転車乗りの男が屋敷の門のなかでネクタイを直したといったあの一事で、僕は万事を知らなきゃならなかったんだ。(35)”
var m85 = “僕が犯人を指摘したがために、その人物が犯行によって流した以上の実質的な害悪を流したことが一、二度あるように思う。(42)”
var m86 = “それにしても僕はなんという遅鈍さだろう。もうすこしで一代の大失策をやらかすところだったよ。(42)”
var m87 = “あの欄干の傷を見ただけで、真相への手掛りは十分だったのだ。もっと早くそれに気がつかなかったとは、じつにふがいない話だ。(48)”
var m88 = “僕はまるで血のめぐりが悪く、僕の技術の根本をなしているはずの想像力と現実とを一体化さすことができなかった。(48)”
var m89 = “失敗は誰にでもあるもので、その錯誤を自覚して、是正する人がえらいのだ。(52)”
var m90 = “とかく好機は逸してあとで悔むことになりやすいものです。(57)”
var m91 = “人生という無色の糸かせには、殺人というまっ赤な糸がまざって巻きこまれている。それを解きほぐして分離し、端から端まで一寸きざみに明るみへさらけだして見せるのが、僕らの任務なんだ。(3)”
var m92 = “人生は一連の大きな鎖だから、一個の環を知りさえすれば人生の本体を知ることができる。(3)”
var m93 = “世の中というものは、なにを為すかの問題じゃない。肝心なのは世間の人に、なにかを為したと信じさせることだけだ。(3)”
var m94 = “ひとのために穴をほる者は、かならず自分がその穴に落ちるのだ。(3)”
var m95 = “私もまたわれわれの子孫もいつかは愚かな君主や失敗だらけの大臣から解放されて、世界的に大きな一大国家の市民たるの日がくる。(6)”
var m96 = “人生というものは、人の考えだし得たどんなものにもまして、不可思議千万なものだねえ。(12)”
var m97 = “ぼくの生涯は、生存の退屈さから逃れようともがくことで終始しているんだね。(13)”
var m98 = “人間の本性というものは、まったく不思議に入りくんだものだねえ。(23)”
var m99 = “人生は平凡で陳腐だ。(28)”
var m100 = “人は常に起こり得べき変化に対する心構えを持って、対策を抱いていなければならない。(36)”
var m101 = “あなたがた富豪のなかには、金さえ出せばどんな罪悪も償えると思っている人もあるようですが、世の中はそんなものでないことを学ぶベきだと思うのです。(48)”
var m102 = “人は自然を征服しようとすると、かえって逆にうち負かされがちなものだ。(58)”
var m103 = “女はほんの些末な動きの中に、大きな意味があったり、とんでもないことをやらかす。(7)”
var m104 = “女というものは、自家が火事と知ったとたんに、いちばん大切にしているもののところヘとんでゆく本能がある。(9)”
var m105 = “僕は心から女性を賛美するものじゃない。(10)”
var m106 = “女はとかく安心ができない。よほど立派な女でもねえ。(19)”
var m107 = “恋愛は主情的なものだからね。すべて主情的なものは、何ものにもまして僕の尊重する冷静な理智と相容れない。(19)”
var m108 = “女は返信料つきの電報なんて打ちゃしないよ。それよりも自分で訪ねてくる。(28)”
var m109 = “女性には人によって、すべてのほかの愛情が、恋愛によって打ち消される場合がある。(30)”
var m110 = “いやしくも紳士というものは、絶望のどん底に沈んだ貴婦人から助けを求められたら自分の危険なぞ顧みているべきじゃなかろう。(46)”
var m111 = “友人もなくあちこちと流れ歩いている女性くらいあぶないものはない。(52)”
var m112 = “なんでもかまわず詰めこんでいると、いまに、なにか一つ新しく覚えるごとに、前から知っていたことをなにかしら忘れることになるにちがいない。(3)”
var m113 = “僕はときどき憂うつになって、何日もつづけて口をきかないことがあるが、ただ黙ってほっといてくれれば、じきもとのとおりになるんだ。(3)”
var m114 = “不思議な事実とか、異常な事柄とかいうものを経験したかったら、われわれは実生活そのもののなかを探さなければならない。(13)”
var m115 = “僕の胸の中にはきわめて怠惰なものと、火のように敏活なものと、二つが同居しているんだ。(19)”
var m116 = “私は手あたりしだいに何でも読んで、しかも細かいことを妙によく記憶している性質です。(59)”
var m117 = “私には仕事そのものが報酬なのです。(4,37)”
var m118 = “われわれとしては事件の解決したことが報酬なのだ。(15)”
var m119 = “自分独特の力によって事件を解決してゆくという愉快な仕事そのものが、僕にとっては無上の報酬なんだ。(19)”
var m120 = “事件のもっとも困難だと思われる点に、十分考察を加え、科学的な分析をほどこしてみるのが、もっとも早く全体を明らかにする道なのだ。(20)”
var m121 = “悲しみには仕事が最良の解毒剤だよ。(32)”
var m122 = “私はむしろ名まえを出さずに仕事をしたいのです。私が興昧をもつのは事件そのものの性質です。(48)”
var m123 = “偉大なる精神にとっては、つまらないというものは決してないです。(3)”
var m124 = “人間の頭脳というものは、もともと小さな空っぼの屋根裏部屋のようなものだ。(3)”
var m125 = “人間の脳の物置はせまいのだから、使いそうな道具類だけちゃんとしまっておけばたくさんなのだ。(11)”
var m126 = “空気を集中せしめることが、精神の集中に役立つと思う。(20)”
var m127 = “つよい精神集中作用を得る要諦は、なんでもすぎさったことは忘れてしまうことだ。(20)”
var m128 = “活動的精神の一つの弱昧は、人はいつでもせっかくの手掛りもだめにするような、第二の説明を案出し得るものだということだ。(48)”
var m129 = “いかに優秀な頭脳も、ときに光明を一時喪失することがあるものだ(52)”
var m130 = “空腹時のほうが頭が冴えるのだ。消化のために血液を費せば、それだけ頭脳のほうがお留守になるわけだからね。(57)”
var m131 = “音楽の世界にはいれば、なごやかな調和と甘美な陶酔とがある。(13)”
var m132 = “芸術のために芸術を愛する者にとっては、こまかなとるにたらぬもののなかにこそ、強い満足を汲みとる場合がしばしばあるものだ。(21)”
var m133 = “残念ながらあの男は芸術家の天稟に欠けていた。どこで筆を措くべきかを知らないのだ。(37)”
var m134 = “ロンドンというものに対する、正確な知識をもちたいのが僕の道楽でね。(13)”
var m135 = “美しく平和そうな田園というやつは、ロンドンのどんなに卑しい裏町にもまして、怖るべき悪の秘密をひめているものだよ。(21)”
var m136 = “ロンドンの空気は僕の存在によって清められている。(31)”
var m137 = “あなたアフガニスタンへ行ってきましたね。(3)”
var m138 = “流砂の上に家は建てられない。(7)”
var m139 = “私たちにも外交上の秘密がありましてね。(7)”
var m140 = “ワトスン君、女性は君のうけもちだ。(7)”
var m141 = “君はすばらしい天稟をもっているよ。寡言というね。(10)”
var m142 = “失敗は四回しています。男を相手に三回、女で一回ね。(11)”
var m143 = “僕は「場所の神」の信者だ。(16)”
var m144 = “私は約束はかならず守るのです。(16)”
var m145 = “ばかのくせに偉がるやつほど始末の悪いものはない。(19)”
var m146 = “僕にはコカインがあるさ。(19)”
var m147 = “なに、初歩さ。(22)”
var m148 = “もう暴力行為はたくさんだ。(35)”
var m149 = “何事も経験で覚えるのです。(36)”
var m150 = “新聞にも面白いことはでていないだろうね、ワトスン君。(38)”
var m151 = “あなたの命はあなただけのものではありません。(39)”
var m152 = “鋭い刃物をもてあそんでいると、いつかはその美しい手に怪我をすることになります。(58)”
var m153 = “犬は飼主の家庭生活を反映する(58)”
var m154 = “都合ヨケレバスグコイ。ワルクテモコイ。(58)”
var m155 = “時代は移ってゆくけれど、君はいつまでも同じだ。(60)”
var m156 = “写実的効果をだすには、一定の取捨裁量が必要なんだ。(12)”
var m157 = “僕は例外というものを認めない。例外は法則を乱すものだ。(19)”
var m158 = “神の真髄の最高の保証は、花のなかにこそ見られるのだ。(24)”
var m159 = “この苦難と暴行と不安の循環は何の役をはたすのだ。(25)”
var m160 = “経験は間接に役立つものです。それをただ言葉にして話しさえすれば、こん後一生あなたはすばらしく面白い人だという名声が得らるのです。(26)”
var m161 = “その説明にはたった一つだけ欠陥がある。それは、そんなことは本質的にあり得ないという欠点です。(36)”
var m162 = “彼女とあなたの将来で、今晩私たちの下した判定の正しかったことが立証されまするように。(42)”
var m163 = “自分で結論をだしたり、これからの行動を予見したりするような男と行動をともにするのは、つねに危険であるが、事件の展開するごとに眼をみはるような男、さきのことは何一つ分からないような男こそは、じつに理想的な協力者というべきである。(55)”

function randomMsg() {
}
var max = 163;
msg = Math.floor(Math.random() * max) + 1;
document.write(eval(‘m’ + msg))
//–>
</SCRIPT></P>
<P align=”right”>?シャーロック・ホームズ?</P>

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。