審判の日

2009083001.jpg今日は衆院選の投票日。
選挙権があるのに、行使しなかったやつは首をくくって死ね。

結果はまだ知らないけれど、おそらく民主党が大きく票を伸ばしたのだろう。

問題はその増減の程度だ。

自民党は改選前の民主党程度の議席の確保は出来るのだろうか。
もしそれを大きく割り込むようなことがあれば、次の総選挙の時に復活するのは難しくなる。
この選挙の後に、おそらく分割、新党結成などの動きが出てきてしまうだろう。

失点が最小限に抑えられれば、政権を失っても最強の野党として結束を固めることができるだろう。
そうすれば、民主党が失策を犯したときに、次に政権を担える党として復活できる。

2大政党制というのは、常に政権を担える党が2つ以上なければならない。
もし今回の選挙の後に自民党が瓦解してしまい、政権を任せられる政党が民主党しか無くなってしまったら、それは恐ろしいことだ。

政権をどの政党が担うのであれ、自由民主党には一本筋の通った保守政党として、苦しいだろうが頑張ってもらいたい。

保革どっちだかわからないような政党は、いずれボロを出して瓦解するだろうから。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。