セクハラ

「太った、丸くなった」大阪市職員セクハラ減給

 大阪市は7日、課長代理級の男性職員(59)が、部下の20歳代の女性職員にセクハラ発言を繰り返したとして、減給1か月の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、男性職員は今年2月から3月にかけ、女性職員に「太ったな」「丸くなったな」などと声をかけた。女性職員が「セクハラ発言ですよ」と注意したにもかかわらず、男性職員は同5月、同僚とスーツを新調する話をしている女性職員に、「スーツ買うなら大きめ買いや」などとセクハラ発言を繰り返したという。

 女性職員が職場内のセクハラ相談窓口に通報して発覚。男性職員は「セクハラとの認識がなかった。悪気はなかったが、傷つけてしまい申し訳ない」と反省しているという。
(2009年8月8日08時58分  読売新聞)

この記事、どこがセクハラだかわからん。
むしろパワハラというべきでは?
言葉はちゃんと選べよ。

それにしても、デブにデブといえない世の中ってのもつらいね。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。