宅配業者

利用してよかった宅配業者(宅配便)は?

この評価が信用できるかどうかはよく分からないけど、当たらずとも遠からずだろう。

ネット通販マニアみたいなもんで、毎日のように宅配業者が来る。
これだけ受け取りが多いと、各業者のサービスの善し悪しもみえてくる。

我が家は共働きのため平日は留守である。
ということは、荷物の受け取りは平日の遅い時間か休日ということになる。

うちに来る宅配業者の御三家は

  1. ヤマト運輸
  2. JPエクスプレス
  3. 佐川急便

荷物は昼間届くのだが、当然不在。
この三社のうち、JPエクスプレスはほぼ必ず当日の夜間に再度訪問してくれる。
ヤマト運輸はWEBサービスで、携帯宛に不在通知を送ってくるから、都合の良い時間を再指定できる。
ヤマト運輸とJPエクスプレスは時間指定で「20-21時」の枠があるから、特にヤマト運輸に関しては、携帯で再指定すれば当日受け取ることが可能である。

ヤマトのWEBサービスはなかなか便利で、対応している通販を使うと、出荷時にメールが来る。
このメールから到着日時の指定ができるから、受け取り損ねることがほとんど無くなる。

佐川の場合、不在票を見て電話を掛けると、当日もってきてくれることが多い

上記三社に関しては再配達指定をしないでも、夜寄ってくれることが多い。

非常にまずいのがゆうパック。
昼間不在で、夜再訪問することが絶対にない。
しかも夜の時間指定が「19-21時」で、当日18時までに申し込まないと来ない。
私も妻も19時までに帰ることなど無いから、ゆうパックで送ってこられると、次の休みまで全く受け取れない。

西濃運輸の時間指定は最悪で、「午前・午後」しかない。これじゃ受け取れないよ。

そして西武運輸は時間の指定ができない。
いつだったか、西武運輸で荷物がきていなかったが受け取れなかったので再配達の依頼をした。
そしたらなんと、平日の昼間しか来られないという。
共働き家庭はそんな荷物をどうやって受け取れというのか。
中身は携帯用のバッテリーパックだったので、箱をつぶして郵便受けに入れてもらうことで解決したのだが。

大手三社&ゆうパック以外の業者は、宅配業者ではないので仕方ないのかも知れないけれど。

システム化することによってきめ細かいサービスが実現できている点と、宅配専門という点で、やはりヤマト運輸の評価が高い。
でも、実は全く融通が利かないということもある。

佐川の場合元気が良すぎて接客の評判が悪かったりするが、無理が利く。
かなり遅い時間に持ってきてもらったりすることもできないわけではない。

JPエクスプレスに至っては、僕にとっては最高で、我が家に人がいそうな時間に来る。
生活のパターンが知られているということで、それはそれで問題だと思うけど。

ヤマトは評判がよいが、僕の中では配達事故が多いという負の面もある。
破損はないが、紛失による遅配はあった。よそのメール便がうちに来るということもあった。
それでも、フォローがうまいから不愉快な印象は残っていない。

宅配業者の評価というのはシステム面の使いやすさだけではなく、配達員の質によるところが大きい。
自分の住んでいる地区の配達員が良い人なら、その業者はよい業者ということになる。

どういった指標を見ても大手の中でJPエクスプレスの評価順位は良くないが、僕の中で最高なのは、やはり地区の配達員の質の良さの故なのだ。


余談だが、こんなことがあった。

アメリカから運賃着払いで荷物が送られてくることになり、運賃を用意して待っていた。
荷物が到着したので支払いを仕様とすると、元払いだからいりませんとのこと。

おかしいなと思っていたら数日後、仕事から帰ると何度も留守番電話が。
どうやら運送業者のようなのだが、名前を名乗らないために連絡がつかない。
翌日、翌々日も同じような状況だったため、思い切って発送元の方に、運送会社に連絡を取ってもらうことにした。
発送元経由で担当者のメールアドレスが分かったので、早速連絡をしてみると、手違いで元払い扱いになってしまっていたという。

結局先方指定の口座に運賃を支払った。
先方は平謝りである。

この業者は米国ヤマト運輸であり、担当の方はサンフランシスコにいた。

あまりないことなので、腹が立つより楽しかったことを覚えている。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。