国歌

国歌:斉唱時は「起立、国として指導」…塩谷文科相が強調
 入学・卒業式の国歌斉唱時に起立せず、神奈川県内の教職員らが氏名など個人情報の消去などを求めて横浜地裁に提訴したことに関連し、塩谷立文部科学相は18日の閣議後会見で「国歌斉唱時に起立するのは国際的にも常識。それが理解されていないのなら、国として何らかの指導をする必要がある」と述べた。新学習指導要領では、起立についての規定はなく、波紋を呼びそうだ。
 また、塩谷文科相は「(教職員が起立するかしないか)バラバラな対応があるのならば把握しなければならない」として、全国的な調査の必要性を訴えた。指導は、教職員と児童生徒の両方を対象とすべきだとした上で、「『起立して(歌うよう指導する)』と書かなければならないのかなとも思う。どこにも書かれていない」と述べ、指導要領改定も示唆した。【加藤隆寛】

文科相の言うことはもっともだな。
規定がなけりゃやらないのか。
思想信条の自由はあるから、立たない・歌わないは結構だが、公務員としての義務もあわせてあるわけだから、クビになったっておかしくない。
思想・信条はかえなくても良い。それで命が脅かされないのが思想・信条の自由である。
だからといって、そんな人が公務員で良いわけがない。
公立の教育は日本の国家としての教育である。
国旗・国歌を強制するのは当然だ。
教職を続けたければ、問題にされない私学にでも行くことだ。
日本にはその自由がある。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。