一人一殺

旧厚生省元次官宅襲撃について、被害者は気の毒だと思うし、暴力はやはり許せない。
だが、被害者に対してそれほど同情できないと感じるのは僕だけだろうか。
退官後の経歴がニュースで流れていたが、結局天下りでなのだ。
培った知識や経験・人脈を生かしてそれが必要とされるところに行って尽力するのは結構なことだとは思うが、そのポストが特定省庁の役人の指定席になっていたり、週一回の出勤を数年間して退職金がタンマリというのはやはり許せないことだ。
そんなことをしていたら、また血盟団みたいなのが現れるんじゃ無かろうか。昭和の蹉跌―血盟団と五・一五事件
血盟団事件―井上日召の生涯

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。