麦の会

麦の会について、本ブログに書いたかどうか記憶が無い。
なので改めて説明しておこう。

僕がビールが大好きだ。
数年前にビール好きの古い友人のから誘いで、同じくビール好きが集まって飲み会やらビール旅行やらを決行するに至った。
そのメンバーで結成したのが「麦の会」であり、ミクシィにコミュニティまで作った。
以来、年に数回の飲み会と旅行などのイベントを行っている。

一応今のメンバーの意向としては、Webサイトを開設したりして少しずつ仲間を増やしていこうというつもりなので、東京近郊にお住まいのビール好きで興味のある方は私に連絡していただければと思う。

さてビール好きとは言うけれど、一応ここである程度ハードルをあげておこう。
少なくとも、ビールの種類を知らないとこのメンバーの話にはついてこれないだろう。
「ビールの種類って、キリンラガーとか一番搾りとかスーパードライとか?」と思った人は勉強が必要。

日本で売られている一般的なビールは「ラガー」である。
その中でも、「ピルスナー」という種類だ。

美味しんぼのなかで「本物のビールはエビスだけだ」といった話があった。
確かにエビスは伝統を守った正統ラガービールではあるが、それだけが本物ではない。
広い目で見れば、米やコーンスターチを使ったものであっても、発泡酒に分類するものであっても、本物のビールには違いない。

我々麦の会のメンバーに共通するのは、「ビールはラガーだけじゃない」という思いだろう。

世界中で売られているほとんどのビールはラガー(下面発酵)だが、エール(上面発酵)に目を向けると驚くほどたくさんの種類がある。
ざっと思いつくだけでも、ヴァイツェン・ヴァイツェンボック、ペールエール、インディア・ペールエール、ブラウン・エール、スタウト、ポーター、アルト等々。

このほかにも自然発酵のラオホや、フルーツを使ったものやスパイスで味付けしたものなど様々だ。

ビールなんてどれも同じ、なんてことは絶対にないのだ。

mugakudouji
ビール麦の会

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。