電子書籍対決 その2

昨日、新宿で発売されたばかりの電子書籍端末を見てきた。

 

パラゴラス、いやガラパゴスと、ソニーのReaderだ。

 

まずガラパゴスだが、10.8型はでかいし重い。

5.5型の方がしっくり来る。

ただ、どちらの端末でもいえることだが、やはり液晶はバックライトが明るすぎる。

とてもじゃないがこれを長時間凝視する気にはなれない。

印象としては、シャープ版のiPadというところ。

正直、iPadの方が惹かれるな。

 

対してソニーのReaderは、大きい方は6型、小さい方は5型なので、どちらも大きすぎるという印象はない。

電子ペーパーは確かに見やすいが、意外にぱっとしない印象。

それでも目が疲れる心配はなさそう。

そしてどちらも軽い。

少し厚めの文庫本なら300グラムを超えるのもざらだが、5型で155グラム、6型で215グラムしかない。

今後、電子書籍の市場がどうなるのか全くわからないけれど、裁断機を買ってScanSnapで自炊したPDFを読むための端末としも、十分に価値はある。

 

5インチの方、買っちゃおうかな?

 

mugakudouji
PC・インターネット時事電子書籍

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。