惨敗

この期に及んで民主党に投票する人が不思議だが、それでも執筆時点でかなりの議席を失ったことは確かなようだ。
おそらく、与党で過半数は割れるだろう。

衆参で与野党がねじれるわけだ。

ここで思い出されるのは、自民政権の末期である。
政府与党提出法案の主なものが衆院で可決されたあと参院で否決されてきた。
ただし当時と違うのは、当時自公政権は衆院で再可決に必要な三分の二を握っていたと言うことだ。
現在の与党は衆院において再可決に必要な議席を持っていない。

つまり、本当にねじれてしまったわけだ。

今後、政府与党の提出法案は参院でことごとく否決され、通らないと言うことが考えられる。
今までの政治手法では完全に行き詰まると言うことだ。

与党であれ野党であれ議員の皆さんすべてに言いたいのは、議会で目指すべきは全会一致ということだ。
最終的に数が勝つのは間違いないが、その前の手順として「議論を尽くす」ということが絶対的に必要なのだ。
数が絶体なら極端な話、議会で議論なんかしなくて良い。
国対委員長の会談だけやればよいことになる。

日本では今までそういった議論が行われてこなかった。
だから単純に「数は力」ということになる。

「数は力」という原理だけで行くのであれば、議会は二つも要らない。
ねじれればただの足かせに過ぎないし、政治の停滞を招く。

議会が二つあるということは衆参のねじれを容認した上で、「議論を尽くせ」という意味なのだ。

民主党にしても自民党にしても、安易な政局にはしらないで欲しい。
「数は力」とばかりにおかしな多数派工作をすれば、国民の政治不信はますます強まる。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。