私のお気に入り

0114.JPG

昨日、劇団四季版の「サウンド・オブ・ミュージック」を観てきた。

昨年までスイセイ版をやっていたがk結局こちらは観ずじまい。
舞台版はこれが初めてというわけだ。

で、事前勉強をしなかったので全然知らなかったのだが、これはALW版なんだね。
数曲カットされているらしいけど。

それにしてもロジャース&ハーマンスタインII世の曲はすばらしい。

映画版でやや疑問だった点も何となく理解できた。
歌が使われるシーンが少し違うんだね。
映画版より納得できるかもしれない。
修道院長が「すべての山に登れ」を歌ってマリアの後押しをするシーンがあるのだが、映画ではちょっと唐突だと思っていたんだよね。舞台版だと最初の方のシーンで「私のお気に入り」を院長が歌うシーンがあるから、唐突感が無くてスッキリ。

それにしても子供達のかわいいこと!
日本の舞台版でここまで子役を使ったのは初めてだそうだ。
子役が多いと苦労が多いだろうけど、これは素晴らしかった。

マリア役の井上智恵さんは透き通った声が素晴らしい。とても40には見えない。

圧巻は修道院役の秋山知子さん。「オペラ座の怪人」ではマダム・ジリー役で印象に残っていた。マリアに向けたまさしく渾身の歌声。

やっぱり舞台は良いな。

☆☆☆☆☆


mugakudouji
映画・音楽・TV評価付記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。