低能ソフト

やっと、A列車で行こう9をインストールする。


このソフト、64bitOSをサポートしなかった時点で?なのだが、それ以外にもおかしなところを発見。

そういえば7の時だったかな。
ほとんど不良品としか思えないような出来だったのは。
発売当日にパッチが出て、その後もパッチの嵐。

今回も同じようなものだね。
何しろ、今回も発売日にパッチが出たんだから。

そもそも1月下旬から発売が延期されてるのは何故?
致命的なバグでも見つかったから?

とりあえずサポート外OSであることを承知でインストール開始。
インストールが終わってプログラムを開始すると、さんざん待たされたあげく、「X3DAudio1_5.dllがないためプログラムを開始できません」だってさ。

それってDirectXのランタイムだろ。
必要なファイルはデフォルトで入れてくれよ。
マニュアルに説明はないし、FAQにもまだ出てない。
みんな僕みたいなパワーユーザじゃないんだよ。

このシリーズ、ゲームとしては好きなんだけど、品質と会社の姿勢が。。。
仮にも「万」を越えるソフトなんだから、ちゃんとやってくれよ。

A列車もいいけど、トキオも出してくれ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。