電気シェーバー

長いことT字を愛用してきたが、12月に何度も肌を切ってしまったため、思い切って電気シェーバーにかえてみた。


0064.jpg

人に聞いたり自分で調べたりした結果、往復式より3つの回転刃のついたフィリップスの製品を買うことにした。

フィリップスでもラインナップが何種類かあるが、面倒なので一番高いものにした。
RQ1095だ。
普通の電気店なら30,000円以上のもの。

これを選んだポイントは、きっかけが剃り負けだからだ。
1枚目の内刃が髭を持ち上げ2枚目の内刃でカットするという「スーパーリフト&カット」という機構を採用している。
肌に直接刃が接しないから、非常に負担が軽く剃り負けしにくい。

反面切れ味が良いとはいえず、普通のシェーバーなら一度で切れるであろうところを、何往復もすることになる。
切れ味を期待するならブラウンなどの普通のシェーバーの方がよいだろう。

ヘッドが自由に動く方式なので、肌にフィットするからあごの周りが非常に剃りやすい。

自動洗浄機能はなかなか便利。もちろん水洗いも出来るから、手入れは簡単。
自動洗浄用の洗浄液は4週間分で約630円。

普段は充電洗浄機を使うことになるだろうが、充電ケース主ついている。
旅行に便利だとは思うが、かなりかさばる。
二三日ならT字で我慢、それ以上なら一緒に持って行くのも良いかな。

製品情報

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。