クレジットカード整理学8

2009081301.jpg【所持クレジットカード一覧】

  • 三井住友VISAクラシック(三井住友 VISA)
  • ソフマップJACCS(JACCS Master)
  • アイワイ(IY JCB)
  • ビックカメラSuica(View JCB)
  • みずほマイレージクラブ(UC Master)
  • 楽天(楽天KC VISA)
  • ヨドバシカメラeLIO(SonyFinanceVISA)
  • P-oneゴールド(ポケットカード VISA)
  • 三菱東京UFJ(三菱東京UFJ VISA)
  • Papas(青山キャピタル Master)

さて、前回から5ヶ月でまた状況が変わっている。

洋服の青山でパパでもないのにすすめられた、青山キャピタルのPapasカードに入会。
カードそのものそう面白いものではないのだが、誕生日月特典や青山ポイントが半端じゃなく充実している。
現金で買うにしろカードで買うにしろ、青山での買い物で青山キャピタル発行のカードを持っていないのは損だ。
最終的な支払金額にものすごく大きな差が出てくる。
条件にもよるが、スーツが半額になったりするので、このカードがないことの方が馬鹿馬鹿しい。
特に誕生日月は10%OFFとポイント倍付けなので、先月駆け込みで2着買ってしまった。
いろいろな割引適用で結果として万単位で安くなったのだが、こうなると元の価格設定が疑問になるほどだ(笑)
とりあえず、紳士服を買わない年はないので、有用なカードだろう。

ちなみに青山は、Suicaでの支払いができる。
青山キャピタルのカードを提示してSuicaで決済してもポイントなどの条件は変わらないから、SuicaのチャージポイントやSuicaポイントがつく分、青山カードでの支払いよりお得といえる。
ただし、Suicaはチャージ上限が2万円。スーツを買いに行って2万を下回ることはなかなか無いと思うが、ワイシャツなどなら十分に使えるだろう。

三菱東京UFJはキャッシュカード一体型。
この銀行口座、実質的に使っていないので、口座ごと解約しても良いかも。
というわけで、これは解約候補。
もっとも、当面はVisaTouchのためにに残しておくけど。

メインカードはP-oneゴールドが大活躍である。
実際、先日群馬へ旅行したときの支払いは、JR以外は皆このカード。
JRの改札の中はビックカメラSuicaで保障され、宿泊施設ではこのカードで保障される。
旅行の際に保険がきちんときくのはうれしい。
ショッピング保険もついているし。

まともな保険のないカードはクソだな。

ヨドバシカメラeLIOはeLIOのために導入したのだが、未だに使用実績がない。
その前にヨドバシのポイントだけがたまってきている。
実質的に無意味なので、ヨドバシのポイントカードと分離した上での解約候補。

楽天カードは楽天での買い物専用で活躍中。
楽天の買い物はキャンペーンをうまく利用してポイントをたくさんゲット。
うまく使えば面白いようにポイントが入ってくるし、ポイントがたくさん入れば入るほど、さらにポイントゲットの機会も広がる。
送料を入れても実店舗より安いところがあったりするから、なかなか馬鹿にできない。
もしかすると、最近に限ればAmazonよりも使っているかもしれない。

みずほマイレージクラブはメインバンクのカード。
このカードがあるおかげで手数料無料の特典がある。
クレジットカードとしては何の意味もないが、持っている価値はある。

ビックカメラSuicaは9月の改悪で魅力が無くなってしまうが、Suicaチャージと、ビックカメラでの支払い、JR東日本での支払いに限れば特に改悪にもなっていない。
ビックポイントからSuicaへの移行レートと、上記2社以外での支払いが不利になっただけ。
Suicaチャージと定期券購入専用カードと思えば他のどのVIEWカードよりも魅力的だ。

アイワイはちょっと微妙になってきた。
イトーヨーカドー蕨店がザ・プライス蕨店になり、7月末でアイワイポイントをつけなくなってしまった。
一番利用していた店舗でのポイントが無くなってしまったのは痛い。
ここでの支払いはP-oneカードに切り替え。
家族カードも含めて、イトーヨーカドー錦町店での支払金額によっては、これも解約候補になりうる。

ソフマップJACCSは、単にソフマップのポイントカードとしてしか役立っていない。
これもポイントカードを分離した上での解約候補。

三井住友VISAクラシックは今となってはiD専用。
iDの使用頻度はそう高くないから、これも解約候補。

ということで、
【解約候補クレジットカード一覧】

  • 三井住友VISAクラシック(三井住友 VISA)
  • ソフマップJACCS(JACCS Master)
  • ヨドバシカメラeLIO(SonyFinanceVISA)
  • 三菱東京UFJ(三菱東京UFJ VISA)

単純なクレジットカードでしかない三井住友VISAクラシックは解約は簡単だが、ソフマップとヨドバシはポイントカードも兼ねているから面倒。
ポイントカードを新たに作成してポイントをそこに移した上で解約するか、極力ポイントを使い切って丸ごと解約するか、どちらかしかないだろう。
ただ、ソフマップカードは入会金があるから微妙だな。
三菱東京UFJは、銀行口座ごと解約すれば無問題。

「カード管理」という観点から見れば、きちんと管理できている以上今すぐ解約する必要はない。
でもこうやって自分の中でカードを見つめ直すと、自ずと優先順位が決まってくる。

カードを複数持っている人は何ヶ月かに一度、こうして見直してみるべきだろう。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。