私の知らない世界

小学館から小包が届いた。

2009072501.jpg

『藤子・F・不二雄大全集』の第一回配本分である。

2009072502.jpg 

実は、予約開始早々に第一期分を一括で購入してしまったのだ!

で、とりあえず会社からの帰宅早々、『ドラえもん(1)』をパラパラと。

2009072503.jpg

ぶ、分厚い。。。

ドラえもんは、てんとう虫コミックス版を全巻持っており、かなり詳しいと自負していたが、今回のは全く別世界だ。

『藤子不二雄ランド』にだけ収録されている話もあるし、未収録の話もあることはもちろん承知していたが、学年誌連載分について、学年ごとに続く編集になっている。

この場合、最初の話、つまりドラえもん登場の話が、何種類もあることになる。

既存の単行本にはそのうちの一種類しか収録されていないのだ。

連載は学年誌別だが、単行本は一種類しかない。

同じドラえもんではあっても、話ごとに雰囲気が違うことは気づいていた。

つまり、単行本収録作品のうち、何話かの話の運びがものすごく単純なのに、それ以外は結構複雑であったりとか。

低学年向けと高学年、受けが混じっているのだから、それは当然のことだった。

今回の収録作品のうち7話は今回が初めての収録になる。

 

僕の知らないドラえもんがこんなにあったとは。。。

 

ちなみに、アニメ版では大山のぶ代以外のドラえもんは知らない。

富田耕生とか水田わさびとか。

 

2009072507.jpgあと、F先生のだけじゃ不公平と思うかもしれないけど、実はA先生のもある。

『藤子不二雄Aランド』。写真には載せていないけど、直筆サイン入り複製原画や特別編集の冊子など完備。

 

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。