快眠

マット寝具:「ジェル入り」冷却効果は30分 国民生活
2009年7月9日 19時39分 更新:7月9日 20時56分

 国民生活センターは9日、ジェル入りマット寝具の3商品について、「熱帯夜でも朝まで涼しい」などとうたいながら、実際の冷却効果は30分程度しか持続しないとする調査結果を公表した。センターは「冷却効果の表現が誇大で、景品表示法違反の疑いもある」とし、メーカー側に表示の改善を求め、公正取引委員会に指導を要望した。

 ジェル入りマットは敷き布団の上に広げるタイプで、ジェル内の水分が体熱を奪う仕組み。冷房費節約につながるとして、数年前から人気商品となった。しかし、センターには「効果が長続きしない」などの苦情や相談が相次ぎ、07年度に40件、08年度に93件に上った。

 センターが、広く販売されている3商品をテストしたところ、30分経過後にはモニターの過半数が、2時間後には全員が冷たさを感じなくなったという。【藤田祐子】

やっぱりな。
そうだと思ったんだ。

こんなのより、弱めにエアコンかけて扇風機で部屋の空気をかき回す方が良いな。

僕は普通に枕が欲しい。
予算大2くらいで。

どんな枕を使っても一週間で首に激痛が走るという、今の状況を改めたい。
予算が大きいのは、れだけ僕にとって深刻と言うこと。

mugakudouji
時事買物

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。