Vista飛ばし

企業の「Vista飛ばし」が鮮明に

量販で法人営業やっているだけに企業がVistaを飛ばす理由はよくわかるんだけど、この件に関して書いているブログなんかでもVistaの評判悪いねぇ。

でもね、どっちのOSも使っているユーザとしては、ちまたで言われているほど酷いOSだとも思えない。

細かいことに文句を言うなら、XPだって決して褒められたOSじゃない。
OSとしてのまともさを求めるなら、Linuxのほうがはるかによい。
XpとかVistaとか下らないこと言ってないで、Linux使え。

「パソコン買い換えたいんだけど、Vistaって評判悪いじゃん。実際のところどうなの」なんて相談うけたことがあったけど、「知識がない」といって自分で情報収集しない、あるいは集めても分析・評価できない人には、XPでもVistaでも関係ないだろ。
内心「君には5年前の中古PCで十分だ」と思ったが、とりあえず「Windows7まで待つか、待てないならVista」と答えておいた。


何で僕がそこそこPCに詳しいかというと、何度も痛い目にあって、何度も解決しているから。
そしてお金もいっぱい使っているから。

だから、社内でもビミョーにヘルプデスク状態になっている。
でも本来その仕事を負うべきはシステム部であって営業の僕ではない。

Office系のソフトの使い方とか気軽に聞かれるんだけど、本音としては僕に聞く前にヘルプを読んで探して欲しい。
これをいうと「ヘルプの出し方がわからない」「ヘルプの意味がわからない」といわれそうだけど、僕が気軽に答えちゃうとその人はそのことを絶対に覚えてくれない。
だから、同じようなことをまた聞かれる。

僕は何度も痛い目にあって、お金もいっぱい使っているし、努力もしているし時間も使っている。
だから僕のまわり全員にも、同じ目にあって欲しいというのが僕の意地悪な本音。

まぁ、会社としてはそこに僕の存在価値があるのかも知れないから、そんなに冷たくはしないけど。

ところで、これを見ている友人の皆さん、Outlook ExpressやWindowsメール、Internet Explorerについては僕に聞かないように。
これらのソフトについて、どんなトラブルの質問であろうと、僕の答えは皆同じ。

「そんな糞ソフト使うからだよ」

みんなも金払ってBeckyとか使いなさい。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。