宇宙、それは最後の開拓地である

宇宙、それは最後の開拓地である。
そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。
これは人類最初の試みとして、5年間の調査飛行に飛び立った宇宙船USSエンタープライズ号の驚異に満ちた物語である...

言わずと知れた、「宇宙大作戦」の冒頭のナレーションである。

この物語が始まる前、カーク船長の生い立ちやU.S.S.エンタープライズ号の初期の戦いの物語が、5月29日から公開の「スター・トレック」で描かれる。

多分全く話題にならないんだろうなぁ。

実はもう前売りを手に入れたのだ。

2009040801.jpgその特典がこの写真。
IDカードを模したモノだ。

このIDカードにパスワードが書いてあって、所定のサイトにアクセス出来るようになるのだが、案内のURLが間違っている。
それなのに公式サイトの方にも何のリリースがない。
それどころか、公開予定映画館の情報も何にも無し。

配給会社はやる気ないねー。

前の映画もかなり面白かったのに、公開館は少ないし宣伝も全くされていない。
あれじゃ人が入らないのは当たり前。
STファンしか見ないじゃないか。
STファン以外の人が見ても十分に楽しめる出来だったのに。

ということで、このやる気のなさから見るに、この映画も地味に沈没するんだろうな。

スタートレックエンサイクロペディア ニュー・エディション (スタートレックBOOKスペシャル)スタートレックエンサイクロペディア ニュー・エディション (スタートレックBOOKスペシャル)
著者:マイケル オクダ
販売元:DAI‐X出版
発売日:2002-11
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。