javariでお買い物

javariで靴を買った。

Amazonが11月27日に、シューズとバッグの専門店としてオープンしたECサイトだ。
Javariとは、アマゾン川の支流なのだそうだ。

2008120701.jpg

このサイトの特徴はなんと言っても、「送料無料&30日間返品自由」というところ。

初期のAmazon.co.jpには問い合わせ先の電話番号すらなかったが、javari.jpにはトップページに電話番号がある。
学習したねぇ。

靴を買うに当たっての最大の懸案事項が、試し履き出来るか、ということだ。
たとえばサイズが同じ靴でもブランドによって実際には異なる。
店では履いてみればよいわけだが、普通の通販ではこうはいかない。
でもjavariなら前後のサイズの靴も合わせて注文し、あうものを残して返品できる。

女性なら持っている服とのコーディネイトも考えたいだろう。
何も、靴を買うときに着ていた服とだけ合わせるわけではないのだ。
買おうとしている靴が家にあれば、他の服とのコーディネイトも確認できる。

2008120702.jpg2008120703.jpg

さて、実際の商品ページを見て驚いたのが、靴の写真がなんと七枚もあることだ。
靴の裏の写真まである。
その上、画像をかなりの大きさまで拡大出来るのだ。

僕は靴の裏も気にするたちなのでこれはうれしい。

Amazonと違ってやや残念なのがユーザーのレビューがないこと。他の人の意見も参照したいのになぁ。

15時までの注文だと翌日に届く。
僕は夜の注文だったので翌々日。
配送はヤマトだった。

宅急便のSDの人が、「Amazonからのお届け物です。あ、いや違いましたね。」
いかにうちがAmazonの配送が多いかわかる台詞だ(笑)
ただ、当然のことながら伝票がAmazon仕様のものなので、SDさんが間違うのも無理はないのだけれど。

ちなみに、今回は調子に乗って僕にとっては高額な靴を買ってしまった。

僕の足は靴のと相性に悩まされていて、普段は安手の靴に高いインソールを入れて補正している。
仕事用の靴は消耗品という考えだったから。

でもその考えはもうやめよう。
プライベートで靴を履く時間よりも、仕事で靴を履く時間の方がはるかに長い。
足は健康の基本である。
オーダーメイドの靴は高いから手が出ないとしても、健康のためにせめて「まともな」靴を履くことにしたいものだ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。