転封

衆院選:小沢民主代表「国替え」、関東で出馬へ…鳩山氏
 民主党の鳩山由紀夫幹事長は14日、テレビ朝日の報道番組で、小沢一郎代表の次期衆院選での出馬先について「岩手からは出ません」と述べ、地元・岩手4区以外に転出すると明らかにした。転出先は「関東を中心に決める」との見通しを示し、公明党の太田昭宏代表の地元、東京12区について「その可能性もある。私は面白いと思う」と述べた。
 「国替え」の狙いについて鳩山氏は「小沢代表自身、(次期衆院選に)命をかけている」と解説。番組終了後、小沢氏から「背水の陣を敷く。岩手4区は任せて別の選挙区から出る」と聞かされていたことを記者団に披露した。東京12区は「一つの有力な選択肢であることは間違いない」と改めて述べた。
 ただ一方で「岩手4区から出馬しないとは聞いているが、どこから出るかは小沢代表自身が熟慮して決めることだ」とも述べ、転出先は、あくまで鳩山氏の見立てであると強調した。
 民主党は12日に次期衆院選の1次公認候補187人を発表したが、小沢氏は含まれていなかった。赤松広隆選対委員長は「原案には入っていたが、代表自身の強い意思で『おれの所は空けてほしい』と言われた」と述べていた。【野口武則】

面白いとは思うが、なぜ公明党の太田を標的にする?
どうせやるなら、福岡8区だろ。
どちらも比例の名簿には載せない背水の陣で、落選したら一巻の終わりってのがわかりやすくて面白い。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。