レクサス

最強企業トヨタが抱える深刻な悩み 「レクサスの不振」のなぜ
MoneyZine編集部 2008年08月01日 15:40
 最高売上高を更新し、好調のトヨタ自動車だが、一方でレクサスの不振が続いている。
  2008年3月期の決算では、連結売上高約26兆3000億円、営業利益約2兆2700億円と、売上高から当期純利益まですべての項目で過去最高記録を更新。笑いが止まらないはずの日本を代表する最強企業のトヨタ自動車だが、一方で解消されない悩みを抱え続けている。というのもここにきてトヨタ・レクサスの国内での不振がまたメディアによって報じられているからだ。過去にも報道されたレクサスの不振、はたして事実なのだろうか。
 2005年から販売を開始しているレクサスだが、販売当初から不振は伝えられていた。批判的な声としては「ベンツやBMWなどにはブランド力で劣る」とか「機能は優れているが、デザインが悪い」といったものだ。これに対してトヨタ関係者は「北米で実績のあるレクサスのトップブランドであるLSが投入されれば巻き返せる」と踏んでいたはずだが、2006年9月以降のLS販売後もけっして好調とはいえない。
 トヨタのレクサスブランドの国内販売計画は年間5?6万台だが、2007年の登録台数は、全5車種合計で約3万5000台で、目標には遠く及ばない。さらに08に入ってもレクサスブランドは上半期の累計販売台数は1万5000台弱にとどまっている。LSにしても1万9000台にとどまり、トヨタブランドの高級車クラウンの5万6000台と比べても大きく差をつけられている。さらにプレミアムブランドとして認知され好調のはずの北米でも、サブプライムローン問題に端を発した景気の悪化、その後のガソリン価格の高騰で、販売台数が落ちていると伝えられ、状況はかなり苦しいようだ。
「最高の販売・サービス」を実現するために、購入後もアフターサービスとして365日24時間対応のレクサス専用カスタマーセンターを設置、24時間対応の緊急サポート体制など地道な努力も行っているが、なるべく早期に高級車ブランドとしてレクサスブランドが国内、そして欧州で成長しない限り、トヨタ首脳陣の顔色が晴れることはないだろう。

車に興味ない僕が書くのもなんだけど、金があるならトヨタは買わないよ。金があるならメルセデスのCクラスにする。
だってさぁ、「トヨタ」って響きが高級じゃないよね。
車に興味が無いのに金があって高級車を買うなら、誰もが知ってる「いかにも高級」なものを買うよ。
車を趣味にしてるならジャガーとかポルシェとか、あるいは僕の知らないもっとマニアックな車なんだろうねぇ。
トヨタって企業そのものに「技術志向」とか「夢を追いかける」とかっていうキーワードが似合わないんだよ。
ホンダにはそれがあるのに。
トヨタは「大衆的」「合理的」かな。
そんなイメージをもたれているようじゃ、高級車は無理。
だって高級車って大衆的ではありえないし、存在そのものが究極の不合理でしょ。
どうせ高級車やるんだったらさ、職人が手作りで日に5台、最低価格は4千万円からで、国内販売拠点は一箇所、商談は一日に一組のみ、という某ドイツ車のようなものを作ってしまえ!

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。