猫記録

ミュージカル『キャッツ』が国内史上初の7000回公演数を達成
( 2008年06月27日 19時00分)
 1983年の初演から25年を迎えた劇団四季ミュージカル『キャッツ』が27日(金)東京・五反田のキャッツ・シアターで行った公演で、通算公演回数 7000回を達成した。これは国内上演ミュージカル史上初のことで、これまでの総入場者数は710万人。この記録を記念してこの日の公演終了後には特別カーテンコールが行われ、超満員の客席からは賞賛の拍手が送られた。
 この日は通常のカーテンコールの後、キャスト全員が登壇しテーマソング「ジェリクルソング」を披露。さらに出演者を代表して「つっぱり猫 ラム・タム・タンガー」役の金森勝が「25年間に渡って日本全国を廻り、ロングラン出来たのも、ひとえにお客様の温かいご声援のたまもの。出演者、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです」と挨拶。客席からは惜しみない拍手と歓声が巻き起こった。
 劇団の広報によると、初演から25周年目となる今年を「『キャッツ』の年にしていこうと思っています」とのことで、『キャッツ』の初演日である11月11日(火)に向けて「いろいろイベントを行っていきたい」と今後の構想を明かした。さらに「『キャッツ』と並ぶくらい人気の『ライオンキング』『オペラ座の怪人』のロングラン公演も目指したい」と、次なるロングランに向けて意気込みをみせた。

僕ももうすぐ2回目に行く。
楽しみだなぁ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。