脅迫

「アナログ放送は終了します」といった字幕がテレビに常時表示されるようになります
2011年に地上デジタル放送へ完全移行することを受けて、現行のアナログ放送の画面に「アナログ放送は終了します」といった字幕が表示されるようになるそうです。
番組中もCM中も字幕が映り続けるようになることに加えて、番組を録画すると字幕まで録画されてしまうようになるとのこと。
詳細は以下から。
asahi.com:「アナログ放送終わります」テレビ画面に常時字幕へ – 文化・芸能
朝日新聞社の記事によると、2011年の地上デジタル放送への完全移行を控えて、PRのためにアナログ放送停止3年前となる2008年7月24日からテレビ画面に「アナログ」という字幕が表示されるようになるそうです。
字幕のデザインや文言は今後検討されるそうですが、字幕の表示はNHKや民放各社すべてが行うことを予定しており、番組の最中だけでなくCMでも表示され続けるとのこと。また、一定期間後には「アナログ」という字幕から「アナログ放送は2011年7月24日で終了します」といった字幕に切り替えて、画面下部に挿入する予定だとしています。
常時字幕が挿入されるとなると、かなり見づらくなりそうな気がしますね…。

こりゃ脅迫だな。
はっきり言って、地上デジタルなんていらないんだよ。
電波政策の変更の負担を国民に押し付けるなって。
放送局から一般個人まで、これによって無駄になる金っていくらくらいなんだろう。
そもそも未だに全世帯での地上デジタル受信ができないのに、こんなことする神経が信じられない。
もう、テレビとはおさらばかな。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。