経済

サブプライムローンに端を発して、深刻なドル安を招いている。
この状況を「円高・ドル安」という人がいるが、未だに経済を日米の軸でしか見ていないおろかな表現である。
実際のところ、総合的な通貨指数を見た場合、決して円は高くなっていない。
現象としては、ドルだけが急激に下がっている状況である。
実態としては相変わらずの円安で、あえて言うならば「円安・ドル安」である。
この状況をきちんと認識できなければ、日本がこの苦境から脱出することは永久に無理であろう。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。