ジェームズ、Mがお待ちかねよ

さよなら、ミス・マネーペニー!007シリーズの名脇役逝く

[eiga.com 映画ニュース] ジェームズ・ボンド映画の”ミス・マネーペニー”役で知られる女優ロイス・マックスウェル(80)が、オーストラリア西部パース近郊の病院で9月29日死去した、と英BBCが伝えた。死因はガンだという。

彼女が演じたマネーペニー女史(本名は”ジェーン・マネーペニー”)は、英国情報部MI6のコードネーム”007″ことジェームズ・ボンドの上司、Mの美人秘書。イアン・フレミングの小説や映画化作品になくてはならないキャラクターで、シリーズ第1作「007/ドクター・ノオ(007は殺しの番号)」(62)から「007/美しき獲物たち」(85)までの全14作に出演し、ボンドとの軽妙でセクシャルな会話はシリーズの売り物の一つだった。

マックスウェルは1927年2月14日、カナダ・オンタリオ生まれ。15歳で英国に渡り、王立演技アカデミーで学んで、のちの2代目ボンド、ロジャー・ムーアと親友関係に。その後ハリウッドで映画デビューし、翌47年のシャーリー・テンプル主演の喜劇「That Hagen Girl」で米ゴールデン・グローブ新人女優賞を受賞。翌年、マリリン・モンローらと共に米ライフ誌が特集した”次代のスター8人”に選ばれた。その後、親友ムーアと7本のボンド映画で共演した。他の主な出演作に「ロリータ」(スタンリー・キューブリック監督)など。89年に女優を事実上引退していた。

ムーアはBBC TVに「彼女はとても優秀な女優で、すごいユーモアの持ち主だった。彼女こそMに”昇進”すべきだったのに、叶わなくて大いに残念だ。彼女ならどんなにステキなMを演じられただろう」とユーモアあふれる弔意のコメントを寄せている。

僕が、007シリーズで好きなのは、アクションもさることながら、軽妙洒脱で、そして色気たっぷりの会話だ。
ボンドがMi6の”M”のもとに出頭するとき、必ずマネーペニーの前を通る。
帽子を帽子掛けに投げたあとのマネーペニーとのちょっとした会話は、緊張みなぎる映画のちょっとした清涼剤だった。

ボンドは「女王陛下の007」の最後にトレーシーと結婚するのだが、結婚式の際にボンドが投げた帽子を受け取って悲しげに手を振るマネーペニーが印象的だった。

さよなら、マネーペニー。
ご冥福をお祈りします。

余談だけど、この記事のために「女王陛下の007」の最後の部分を見直した。でも最後まで見るのは無理だったよ。。。
きっと、いつまでも見られないんだろうな、悲しすぎて。


mugakudouji
007映画・音楽・TV

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。