ホームズ・ラッシュ

母屋のほうの「シャーロック・ホームズ情報」の日付に注目して欲しい。8月から現在まで、特に9月の情報量が異常である。
リアルタイムに紹介できなかった情報も混じっているため、一概には言えないが、それでも月あたりの平均情報量をかなり突き抜けているのはお分かりいただけると思う。
思えば、かなり昔にも、なんだかホームズブームのような時期があって、えらく散財した記憶がある。
でも、そのころに比べると、日本人の作品も多くなってきたし、オリジナリティや面白さもアップしている気がする。
ただ、研究書はほとんど出ていないけど。

研究書といえば、最近出た『ホームズ対ルパン―Sherlock Holmes vs.Ars`ene Lupin』には少しがっかりした。まだちゃんとは読んでいないのだけど。
というのは、巻末の参考文献リストがあまりにも最近のものに偏りすぎていて、一気に読む気が失せたから。
ホームズに関しては、ちくま文庫や河出書房のホームズ全集の注釈は無視できないはずだし、ルパンにしたって、研究書がまったく無いわけではないのに、このリストに無いのは大いに疑問だ。
あと、正典は延原訳しか文献リストに無いのに、「ワトソン」という表記が使われているのが気になった。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。