民主党の危機管理

永田議員のメール問題、スルーしようかと思ったががまだ続いているので少しだけ。
雪印と一緒で危機管理ができてないねぇ。
今回は民主党から仕掛けているだけにもっと始末が悪い。
そもそも、永田議員は、真偽が定かでないようなものをなぜ国会に持ち出したのか?
それがどういう結末を招く可能性があるのか、そういった想像力もないのだろうか。
それに、窮地に追い込まれて辞職を口に出すのもいただけない。
永田議員が辞職ということになれば、それを支援してきた執行部、国会対策委員長は当然として、代表にまで火の粉が飛ぶではないか。
「私の勇み足でした」という会見を早々に開いて幕引きという手もあったはずだ。
当然、周囲からは非難轟々だろうが、自分のミスで上に責任を取らせないためには、それに耐えないと、政治家にはなれない。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。