親と子の落差

子供に見せたくない番組「ロンドンハーツ」など

まだこんな馬鹿馬鹿しいアンケートをとっていたというのも驚きだが、それはさておき、子供の親の認識の極端な落差が笑えた。

上位3番組を見せたくない理由は、「内容がばかばかしい」「言葉が乱暴」「常識やモラルを極端に逸脱している」とのことだが、考えてみたら私の子供のころと変わらないな。8時だよ全員集合はずいぶんと批判されていた気がする。

見せたい番組は「プロジェクトX」「どうぶつ奇想天外!」「3年B組金八先生」とのこと。

でも、これらの番組だって、批判されてもおかしくない部分は多数あり。
これを推奨する親はちゃんと見ているのかね。

「プロジェクトX」は過去志向の番組。未来志向ではく、子供に夢を与えるような代物ではない。むしろ、今の大人たちが「昔は良かった」と回顧している番組といえなくもない。それにあのナレーションの言葉遣いはかなりきわどい。
「どうぶつ奇想天外!」虫を毛嫌いするねーちゃんが親じゃまったく無意味。動物は臭いし汚いし、とても飼うのは難しい。それはテレビでは伝わらない。
「3年B組金八先生」あんな熱血教師は、実際にはいないと落胆させられるだけ。

私のお勧めの番組は、「週刊子供ニュース」「クローズアップ現代」「ワールドビジネスサテライト」。現実というものをまざまざと見せ付けるのが重要。

あんまり心配なら、どっかの大学教授の家みたいにテレビを家に入れないか、いっそのことテレビを改造してNHKと教育テレビしか映らないようにするのがいいかも。

親に隠れて見た11PMとかギルガメッシュナイトとか、よかったなぁ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。