消費税増税

消費税率引き上げ、2段階で…社会保障検討会議

 政府は30日、「社会保障改革に関する集中検討会議」(議長・菅首相)を開き、内閣府と財務省が消費税率引き上げに関する報告書を提出した。

  報告書は、社会保障改革と財政再建のために消費税増税の方向性を打ち出し、1回に2?3%程度ずつの段階的な引き上げが望ましいと指摘した。報告書を受け て政府は来月下旬、2012年にも消費税率を3%程度引き上げて8%前後にし、さらに15年までに2%程度引き上げて計10%にする「2段階増税」案の検 討に入る。

 報告書は、消費税率の引き上げ方について、ドイツなどが引き上げに伴う価格表示の変更など事業者の負担が重くなることに配慮 して、1回の上げ幅を「1%ずつでなく2・5?3%にした」と指摘した。一方で、「一度に5%も引き上げると経済が不安定化する」とも述べ、事実上、1回 当たり2?3%程度ずつ2回に分けることが望ましいとの考えを示した。引き上げ時期は「景気が勢いのある段階」とした。震災の復興需要で景気が上向くとさ れる12年が念頭にあるとみられる。

僕は積極財政派。
ただ、金がなきゃそれはできない。
そういう意味では最終的な帳尻あわせとして消費税を上げるのは仕方ないと思う。

ただ、その前にやることがあるでしょ。
まず無意味なODAを止めること。
たとえば将来の資源政策を見据えたODAならOKだけど、見返りが少ないところにやり必要はなし。
そして議員定数と議員報酬を削減すること。

あとは、政府が紙幣をどんどん発行すること。

それでだめだったらやっと増税だよ。

後は総選挙かな。

高福祉高負担の国家を目指すのか、低福祉低負担の国家を目指すのか、国民の間できちんと議論をしないとね。

mugakudouji
時事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。