反動

10月のたばこ販売、7割減…「駆け込み」反動

 日本たばこ協会が12日発表した10月の国内たばこ販売数量は、前年同月比69・9%減の61億本に落ち込んだ。

 10月からの増税による大幅値上げを前に、9月の販売数量が88・0%増となるなど、駆け込み需要が発生した反動によるものだ。

 日本たばこ産業(JT)は10月から、主力のマイルドセブンを1箱当たり300円から410円にするなど、ほぼ全銘柄を値上げしている。

(2010年11月13日12時37分 ?読売新聞)

反動って怖いよなぁ。

エコポイントなきあとの家電業界ってどうなるんだろう?
エコポイント制度って、政策としてどれほど費用対効果がある物なのかを知らない。
やらなくても良かったんじゃないかとも思う。
特に、対象品目のうちテレビは来年7月の地デジ完全移行という「特需要因」はすでにあったわけでしょ。
エコポイント制度なんて、ただの需要の先食いにしか見えない。
タバコだったら消耗品だから、今回の税制改正でベースとなる喫煙者数は減ったとしても、需要は数ヶ月後にはある程度戻ってくるだろうけど、耐久消費財だと数ヶ月で戻ることはない。
先が怖いなぁ。


mugakudouji
時事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。