Windows Home Server導入 その4

ついにハードウェア構成も決まった。
これでやっと具体的に導入できる。


ただその前に、Windows Home Serverについてきちんと学んでおこうかな。と思った。

調べてみると、日本語の参考図書が一冊しかない。
『はじめてのWindows Home Server』だ。

早速購入して読んだのだが、絶句だ。
これほど役に立たない本も珍しい。

1900円するのだが、僕にしてみれば価値は100円以下。
あまりにも内容が薄すぎる。

インストールとバックアップとリモートアクセスについて、順序通りに画面を追っかけていくだけのものなのだ。
たしかに「はじめての」という題名ではあるが、WHSを導入しようという動機のある人は、それなりにPCに親しんでいる人たちのはず。
あまりにも低レベルすぎる。
しかも筆者独自の解説があるわけでもなく、内容は高校生のレポート以下。

僕はネット上の情報よりも、プロによってまとめられた解説書の方が好きなのだが、これは大外れだ。
マイコミジャーナルの記事の方が役に立つ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。