ネットワーク再構築 その3

今日楽天に行ったら、ポイントが9000を越えていたのでびっくりした。

そうか、楽天ブロードバンドの加入特典が入ってきたか。
そうなると、もういつでも解約できるな。

さて、前回検討した宅内無線LAN機器の更新だが、結局バッファローのWZR-HP-G301NHを親機とし、WHR-G301Nをイーサネットコンバータとして使うという、ある意味で凄く贅沢な構成にすることにした。

バッファローで1,000BASEのHUBを内蔵したイーサネットコンバータが出ていないのは残念だが、価格的にはWHR-G301Nも他メーカーのイーサネットコンバータも大きく値段は変わらないからいいか。
(ちなみに、この件はバッファローの営業氏に伝えておいた)

実効速度の変化はあまりわからないけれど、良くなった点がいくつか。
旧構成ではWZR-AGL300NHを無線としてのみ利用し、ルータはWZR-RS-G54HPを使用していた。
これはWZR-AGL300NHに外部からリモートでアクセスできる機能がないためだったが、WZR-HP-G301NHにはリモートアクセス機能があるため、機器を一つ減らすことが出来た。

もう一点はWHR-G301NのHUBが1,000BASEになったため、私の足下に置いてあった1,000BASEのHUBを減らすことが出来た。

元々使っていたWLI-TX4-AG300NではWOLパケットを指定した一つのMACアドレスにしか送れなかったが、WHR-G301Nではそれを気にしなくて良いようだ。

そして最後に、親機も子機もスケジュール機能によりスリープ状態にすることが出来る。つまり、明らかに使用しない時間帯に、電源OFFに近い状態に出来るのだ。
これは大変ありがたい。

さて、これであとはauひかりの開通を待つのみ。
まだ案内が来ていないけど。

mugakudouji
PC・インターネットネットワーク再構築

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。