Grand Prix of Figure Skating Final 2009

昨日、グランプリファイナル2009見に行った。
大会三日目、種目はJr.アイスダンス(オリジナル)・Jr.女子シングル(ショートプログラム)・Sr.ペア(フリー)・Sr.男子シングル(フリー)・Sr.女子シングル(フリー)、つまり、シングルの男子・女子ともに決勝というすごい日なのだ。

アイスダンスとペアはまだ点数とかがよくわからん。
これから勉強かな。

収穫は、Jr.女子シングルの村上の演技が見られたこと。
最終的に優勝となった。
浅田真央以来、ジュニアでそれに続く人がいないなぁと感じていたがどうやら杞憂だったようだ。
将来、それもすごく近い将来に期待である。

男子シングルは、高橋君は残念だった。最初の四回転を失敗して、引きずってしまったようだ。
対して織田君は四回転に挑戦することもなく、着実な滑りでオリンピック出場決定。
さすがなのはライサチェクで、これほど安定感のある選手もそうはいないだろう。

女子シングルの日本勢は、これ以上はない。
鈴木明子は持ち直して初出場初メダル。
安藤美姫は、未だかつてないような安定感だ。
ヨナ・キムはあまりよくなかったように思えたが、点数はよかった。
観客を魅了する演技と、点が取れる演技というのは別物と言うことだ。

個人的な趣味だが、ジョニー・ウィアの独特な雰囲気が好きだ。
なんか、彼だけ異様なな黄色い声援が飛び交ってたよ。

去年のNHK杯のあと、駐車場で選手たちを見かけたのだが、遠巻きに見ていた人たちにジョニー・ウィアは一生懸命手を振っていた。
ファンサービスが良いんだな。

ロシアのアリョーナ・レオノワはかわいいな。
不本意な演技で、キスアンド・クライで泣いていたが、観客の拍手に励まされ、泣きながら笑っていたのが印象的。
日本人選手以外なら、まずは彼女を応援しよう。

アシュリー・ワグナーもジョアニー・ロシェットも好きな選手だが結果は残念。
特にロシェットは、オリンピック開催国の選手としてとんでもないプレッシャーがかかっているんだろうな。
いつものパワフルな演技が戻ることを祈る。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。