疑惑の総合商社

2009091901.jpg

「鈴木委員長」に野党反対、本会議採決で決着

 衆院で18日に選出された外務委員長の人事を巡り、自民、公明、共産の3党と民主党など与党側が対立する一幕があった。

 民主党は、統一会派を組む新党大地の鈴木宗男代表を委員長に内定したが、3党は「鈴木氏はあっせん収賄罪などで公判中で、刑事被告人が委員長になった例はない」と主張し、横路衆院議長による本会議での鈴木氏の指名に反対した。

 しかし、最終的には、議長による指名の可否が本会議で起立採決され、与党の賛成多数で鈴木氏の就任が決まった。衆院の常任委員長人事に関し、議長指名の可否を採決したのは1972年以来、37年ぶりとなった。
(2009年9月18日21時47分  読売新聞)

2009091902.jpg「あなたはねぇ、疑惑のデパート言われてますけど疑惑の総合商社ですよ!」と追求していたのは一体どこの党の議員だっただろうか。
今は副大臣をしているような気がするが。

自民党だって大きなことは言えない。
斡旋収賄罪に問われている事件は、彼が自民党時代の話だし、彼の集めたお金でおいしい思いをしてきた議員もたくさんいるのだから。

あれだけのことをしでかしたのに、それでも議員に当選できるというのは、彼にそれだけの力があると言うことだ。
そうでなければ、北海道民に支持されることはない。

だが、そういった人物を国会や政府の重要ポストに就けても良いかと言えば、それは違う。
「独裁であった前政権によって無実の罪に問われた」とかいった、特別な事情がない限り、刑事被告人が外務委員長の座につくことはふさわしくない。

特にこの件は地裁でも高裁でも有罪となっており、最高裁でひっくり返される率はかなり低い。
禁錮以上の有罪が確定すれば失職し、実刑になれば公民権も停止する。

そんな人物を要職に就けた現在の与党の、正体が見えた感じがする。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。