DQNネーム


さて、僕の本名を知っている人はお気づきかと思うが、僕の名前もDQNネームに近いと思う。

DQNネームというサイトでその基準を発表しているが、「漢字の読み方をぶった切りしている」には当てはまるし、読みは性別錯誤と言われてもおかしくない読みである。

当て字にはなるのだが、その漢字自体は音に相当する意味を持っており、文学的素養や歴史的素養を持っていれば、納得できる。

何のヒントも無しに読めた人はただひとりしかしらない。
大学時代にうちの大学に教えに来ていた東大史料編纂所の先生である。
「さすが東大」と思ったものだ。

こういう名前を持つと、「女の子みたい」とからかわれたりしたこともあったし、社会生活上若干の不都合は確かにある。

でも、悪いことよりも良いことの方が多かった気もする。

あえて名刺にはふりがなを振ってあるので、仕事上での挨拶の時にちょっとした話題になる。
学校では無関係の先生からも覚えられたし、親しい友人の間では下の名前で呼ばれることが多い。
大学の同級生だったか、「上の名前を覚えていなかった」ということもあった。

私に子供が出来て名前をつけるとしたらどういう事になるだろう?
「知性を感じる名前」をつけたいとかいろいろ思うところはあるが、少なくとも「素直に読める名前」にはしたいと思う。

実体験から、読めないと確かに不都合があるから。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。