Premier3

愛用携帯のW41Sが、ついに36ヶ月目を迎えた。
ついに計画を実行するときがきた。

電子ガジェットにあまり興味のない人ならいざ知らず、僕のようにそれなりにサイバーな感じが好きな人間で3年は長い方だろう。
もっとも、ある調査では平均使用期間は2年10ヶ月だそうだから、特別長いというわけでもない。

さて、携帯の乗り換えで一番やっかいなのが設定の移行である。
アドレス帳なんかのデータは比較的簡単だが、3年使ってお利口になった予測変換機能は無に戻る。
単語登録も移行できないし、定型文も移せない。
3年かけて使い倒して、自分にとって使いやすくした部分はすべて無くなってしまうのだ。

この上今回大変なのはEZ FeliCaの部分である。
何千円とか何万円とかチャージしている電子マネーや、そのほか諸々のFeliCaアプリは、ほとんどの場合で何かしら移行手続きが必要になる。

だからかなり躊躇していたのだが、壊れての機種変はもっと悲惨になることが予想される。
電子マネーを取り返すのは一苦労だろう。

ということで、特に調子が悪いわけでもないのだが、計画的に新しい機種に変更することにした。
FeliCa領域が無くなってしまっていたこと以外は特に不満はないのだが。

で、乗り換えたのが予定通りPremier3だ。

2009031701.jpg

選定のポイントは

  • おサイフケータイ対応であること
  • 軽くて小さいこと

つまり、このケータイのウリの部分は僕にはほとんど関係なかったってこと(笑)
音楽聴かないしテレビ見ないし。
デジカメもメモ程度のことができればOK

実際手に持つとかなり軽く、そして薄く感じる。
W41Sが119グラム、今回のが114グラムだから、5グラムしか違いがないが、それでもはっきりと軽くなったのが実感できた。

ボタン操作もしやすいし、おおむね満足だが、不満点が二つ。

  • 電子コンパス非対応
  • オートパワーオフ機能がない

実はかなりの方向音痴で、EZナビウォークのヘヴィーユーザ。
ただ、地図が表示できても進むべき方角がどっちになるのかわからないと最初の一歩をふみだせない。だから電子コンパスはかなり愛用していたのだが、現行機種で対応しているのはW62CAだけというお寒い状況。
便利な機能なのに、需要がほとんど無かったということか。

オートパワー機能が無いのも不便。
夜中にメールの着信があるのが嫌で、今までは午前2時から午前7時まで自動的に電源をオフにする設定にしていたのだが、これからはいちいち手動で電源を切らなきゃいけない。
毎日のことだけにつらい。
何か別の対策はないだろうか?

買った当日に半ば冗談でケータイアップデートをかけたら更新されてしまった。
どうやら10日に更新データがでていたらしい。
買ったのはauショップなんだからさぁ、そんなことくらいやっておいてよ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。