ついに壊れた?

hpのDeskjet5551を買い換えることにした。
壊れるまで買い換えるつもりはなかったのだが、ついに壊れたのだ。
いや、プリンタじゃなくてスキャナ(GT-7700U)が(^_^)
あのプリンタ、ついに壊れなかった。
壊れないままにプリンタを買い換えるのはALPS MD-2000Jをhp Deskjet895cxiに買い換えて以来である。
MD-2000Jはマイクロドライ方式のプリンタで、商業印刷並みのきれいさ。
おそらく、今のインクジェットでもこれにはかなわないだろう。
ただ、印字に恐ろしく時間がかかるのと、アイロンプリントみたいな方式なのでインク代がとんでもなかったのだ。
ちなみに覚えている我が家のプリンタラインナップ
・NEC PC-PR201/65A
初代プリンタ。
正確な型番を忘れてしまった。1995年に約12万円で8色印字だった。
・Canon BJC-210
・Epson MJ-500C
同時期に購入。片方は父親が単身赴任先に持って行った。
わずか数万円でフルカラーっていうのにびっくりした記憶がある。
・Alps MD-2000J
前述のマイクロドライプリンタ。超綺麗だが超鈍足で超高コスト。
・DeskJet895cxi
MD-2000Jがあまりにも遅いのでモノクロ用に購入。
カラーもそこそこ綺麗だったので、結局MD-2000Jは使われなくなってしまった。
・DeskJet5551
895のベルトが壊れてしまったので買い換え。本当は宇宙船のようなデザインの5550を買って、それに自動両面ユニットを買い足そうと思っていたんだけど、いざ買いに行ったら自動両面ユニットがなかったから、標準装備のこれにしてしまった。
プリンタの上にものがのせられるすぐれもの。
・Epson PM-780CS
結婚したときに妻が持ってきたもの。
販売時期は5551とあまり変わらなかったと思う。
数年後に壊れたが、DJ5551は無事だった。
DJ5551は僕がプリンタ担当の時で、やはり当時としてはよい機械だったと思う。
壊れにくさについては自信があったが、結果としてこれほどの長持ちで、結局壊れないままというのは凄い。
我が家のプリンタの使用頻度は決して低くないのに。
新たなプリンタは、複合機にすることにした。
条件は
・ネットワーク対応
・CD/DVDレーベル印刷
・自動両面印刷
・2ウェイ給紙
最新ラインナップでこれに対応する普通の複合機はキヤノンのMP980しかないことが判明。
十数年ぶりにキヤノンプリンタを買う。
PC関連では新しい物はよいと思う。
色々な機能がついていて、昔のプリンタのように単純な構造ではない。
マニュアルを見ると、「お、こんな機能があるんだ」と驚くこともあった。
でもね、今のプリンタにはわくわくしないんだよ。
昔は毎年のモデルチェンジの時にわくわくしたものなのに。
インクジェット複合機 MP980
インクジェット複合機 MP980


ところで「どんなプリンタがお勧め?」と聞かれることがあるが、結論としては「僕は回答を持っていない」。
ま、相談には乗るけど。
なぜかといえば、そういった相談をしてくる人はプリンタに対しては何のこだわりもない。
画質に関していえば、低価格な機種であっても素人を満足させる程度の物はある。
そういう人は速度もあまり気にしないだろう。
印字コストも機種によってびっくりするほどの差が出る、ということはなくなりつつある。
そうであれば、どれを選んでも同じということ。
E・Cの2社の中から選べば無難だろう。
それだけプリンタの差がなくなり、つまらなくなったということだ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。