Kindle

「Kindleは本の世界のiPod」――売れ行きは好調の見込み
Kindleをぜひ欲しいと思う人は、少なくないんではなかろうか。
今まで電子書籍はいくつか出てきたが、これのポイントは無線ネットワーク接続によりその場で本が買えることである。
PCが不要なのだ。
KindleとAmazon.comとの関係はiPodとiTunes Music Storeの関係以上に密接になる。
だって、Kindleで読む本はみんなAmazon.comで買わなければならないんだから。
携帯で本を読むのはつらい。
Kindleのような電子書籍端末が普及する素地は十分にある。
コンテンツの充実など、あと少しの進歩で大いにに普及する可能性がある。
もしもKindleが日本で発売されてバカ売れした場合、取次ぎと書店は要らなくなる。
そうなる前に、業界は自前で電子書籍端末とそのネットワークを作ることに積極的にならないといけないんではないだろうか。
危機感を持って迅速に取り組まなければ、取次と書店は十年後には市場から退場を迫られないとも限らない。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。