食文化

<北京五輪>「犬は人類の友だから」、犬肉食禁止で―中国
2008年7月11日、北京市食品弁公室が6月に北京五輪契約レストランに対し犬肉の購入や客への提供を禁止する「禁狗令」を通達したことを受け、北京市旅游(観光)局はその理由を説明した。中国新聞社(電子版)が伝えた。
北京国際ニュースセンターで同日開かれた記者会見の席上、北京市旅游(観光)局の熊玉梅(シオン・ユーメイ)副局長は記者からの質問を受け、「関係部門からの要請があり、また犬は人類の友だからである」と「禁狗令」の理由を説明した。
通達では「多くの国で犬を食べる習慣がない」との理由が挙げられており、国際的な動物愛護団体からの抗議をかわすのが目的と思われる。なお、今回の通達では北京五輪の非契約レストランは含まれていない。(翻訳・編集/TH)
2008-07-11 22:11:26 配信

すばらしい英断だ。
それじゃ、愛牛家や愛豚家・愛鶏家のために牛豚鳥も食べるのはやめた方がよいだろう。
中国よ、先進国の仲間入りをしたいのなら、自分たちの食文化を卑下するのはやめたまえ。
僕は犬肉を食うのはいやだが、それが中国の文化というなら反対はしない。
理論的には、犬食は牛や豚・鳥を食べることとなんら変わりがない。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。