聖火

◎長野県警に意見147件=「聖火見えない」「うるさい」
 長野市で26日行われた北京五輪の聖火リレーで、長野県警には同日、警備に関する意見や激励が147件寄せられた。「よくやった」と警備を称賛する声がある一方で、「中国の旗で聖火が見えない」などの苦情もあったという。
 県警が同日午前零時から午後1時半までの間、電話やメールで寄せられた意見を集計した。
 147件のうち多かったのは、沿道の中国人らに関する苦情で、「うるさい」「旗が大きくて聖火が見えない」など。
 厳重警備で聖火が見えないとの苦情はなく、「伴走警察官がすぐ対応した」「現場の警察官はよくやった」との称賛が3件あったという。 

「中国の旗で聖火が見えない」
そんなことは、県警ではなくチャイに直接言いなさい。
別に県警の責任じゃないだろう。
そもそも、聖火をなんと心得るのか。
五輪は昔から開催国の国威発揚の祭典だよ。
聖火リレーだってその一環なのだ。
そんなものわざわざ見に行くなんて、滑稽な奴らだ。
大勢の観衆がいるリレーより、日本人が誰もいないリレーのほうが面白かったと思うのだが。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。