異文化

菊地凛子 芸能マスコミがソッポ向くワケ
(ゲンダイネット – 11月11日 10:00)
 米映画「バベル」でスポットを浴びた菊地凛子(26)が仏高級ブランド「シャネル」の広告モデルに抜擢され、今月から世界展開が始まった。日本人初の起用で、米アカデミー賞助演女優賞ノミネートに次ぐ快挙だ。にもかかわらず、あまり騒がれない。“勲章”好きの芸能マスコミが飛びつかないのは珍しい。ワイドショー関係者はこう言う。
「バベル騒動でわかったのですが、菊地は視聴率を稼げない。アクが強い割には沢尻エリカのような味がないせいなのか、主婦層に人気がないのが痛い。それで、積極的に扱わないのが暗黙の了解になっているのです」
 紙媒体の“評価”も似たり寄ったり。「女優としての実力はあっても、ファン層がイマイチわからないので取り上げづらい」(芸能記者)とのこと。
 このままだと、ミス・ユニバース世界一なのに人気が出ない森理世の二の舞いになってしまう。
【2007年11月8日掲載】

まぁ、そんな見方もあるだろうけど、僕の見方からすると、両名は日本人好みでない日本人なんだよ。
特にミス・ユニバースとかミス・インターナショナルとか見てると、確かに美人なのは分かるんだけど、僕の好みじゃないんだな。
海外のドラマなんか見ていて、「美人」として出てくる女優さんなんかは、理屈の上では確かに「美人」だとは思うんだけど、僕にとっては「美人の記号を持った人」なんだ。
ミス・ユニバースなんかを見ていて思うのは、はっきりいって化粧が気持ち悪い。
なんか、みんな同じに見えるんだよね。
TNGでカウンセラーのディアナ・トロイ役のマリーナ・サーティスも、美人なのは「分かる」んだが、彫が深すぎるというかなんというか。。。
菊地凛子や森理世は海外ウケするんだろうけど、だからこそ日本ではウケないんだろう。


本日のお買い物
橋川文三『日本の百年 4 1900?1912』
朝南政昭『朝日新聞のトンデモ読者投稿』
「ネトラン 2007年 12月号」
「原始惑星への旅 新訳版」

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。