美意識

楳図かずおさん宅建築差し止めで審尋、双方の主張聞く
 「まことちゃん」などの作品で知られる漫画家の楳図(うめず)かずおさん(70)が東京都内に建築中の自宅を巡り、近隣住民2人が建築差し止めを求めた仮処分の申し立てについて、東京地裁は3日、双方当事者の主張を聞く審尋を開いた。
Click here to find out more!
 楳図さん側の代理人は、「建物の色彩やデザインは、近隣住民のいかなる権利も侵害しない」と主張し、申し立ての却下を求めた。
 審尋は約1時間、非公開で行われた。住民側代理人の長谷川健弁護士によると、楳図さん側は建物の完成予想図を提出。赤と白の横じまのデザインを認めたが、屋根に設置するのは「まことちゃん」の像ではないと主張したという。長谷川弁護士は「屋根に設置されるのは別のキャラクター『マッチョメマン』を模した塔の可能性が高いが、異様な外観に変わりはない」と訴えている。
(2007年8月4日1時16分 読売新聞)

まぁ、人がどんな家を建てるかなんて勝手だけど、近隣住民との今後の関係のことを考えたら、折れるべきなんだろうね。
近所付き合いが最悪だったら、住めないよ。
ネットでは楳図さんの肩を持つ人が多いみたいだけど。。。
それにしても、インタビューに出ていた近所の人も、いい味出してたなぁ。
「こんな家を建てる人がいるとは思わなかった」
→想像力欠如しすぎ。
「色彩の暴力」
→あんたの態度は、僕の美意識からしたら暴力だな。存在の暴力とでも言うか。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。