最近のお買い物

「宝石 昭和34年8月号」
 ドイル特集なので

『名探偵ホームズ1 のろいの魔犬』(ユニコン出版)

『名探偵ホームズ5 まだらのひも』(ユニコン出版)
 ホームズものの劇画。構成は加納一朗。

むんこ『だって愛してる1』(芳文社)
 四コママンガ。最初は絵がどうかと思ったが、読んでいくうちに嫌いではなくなった。☆☆☆★★

しおやてるこ『チョコレート』(芳文社)
 甘酸っぱくてどこか懐かしい、青春ストーリー。教科書的な模範的物語。悪くは無いが、盛り上がりも無い。☆☆★★★

ドイル『ボヘミアの醜聞』(新潮カセットブック)
 CDでも持ってるのに買ってしまった。

杉浦日向子『ごくらくちんみ』(新潮社 新潮文庫)
杉浦日向子『4時のおやつ』(新潮社 新潮文庫)
杉浦日向子『お江戸でござる』(新潮社 新潮文庫)
杉浦日向子『杉浦日向子の江戸塾』(PHP研究所 PHP文庫)
杉浦日向子『杉浦日向子の食・道・楽』(新潮社)
 相変わらず。そしてこれが最後か。小説は苦手。

山根あおおに『名たんていカゲマン』1巻 2巻 3巻(小学館)
 懐かしい。愛蔵版全集で、コミックGONとかにかかれたものも収録。☆☆☆★★

丸山祥三『鉄道廃墟』(筑摩書房 ちくま文庫)
 70年代以降の鉄道廃墟写真エッセイ集。ノスタルジックな「廃線紀行」的なものではない。この写真集は決して、鉄道趣味ではない。ある種のむなしさが漂う。この魅力は危険だ。☆☆☆☆★

mugakudouji
評価付記事買物

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。