シャーロッキアンの作り方 1

私とシャーロック・ホームズの最初の出会いは、多分小学生のころのことだ。


一番古い記憶は、図書館の児童室で読んだ偕成社版だ。


ホームズにはきちんと触れていて、やはり赤毛連盟やまだらの紐は印象に深かった。


小学館のてんとう虫ブックス版を買った記憶もある。


また、学研から出ていたゲームブックシリーズは、わざわざ父と神保町まで行って揃えた。


ただし、そのころ本当に夢中で読んでいたのはホームズではなくて、怪人二十面相やキャプテン・フューチャーなどのSFの本だった。


おかげで戦後間もない東京の街と、未来の荒唐無稽な宇宙が私の頭に同居することになった。


この項続く

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。