古臭い皇室典範

[皇室典範会議]男系男子優先か女帝容認か、意見分かれる
 皇室典範の改正を検討している首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」の第6回会合が31日、都内で開かれた。「一貫した男系主義が国民統合の権威の源泉」など伝統維持の男系男子優先か、「子供のころから次の天皇だと決まっていれば、国民も親近感がわく」などの長子優先による女帝容認か、議論が分かれた。


くだらん。近代的な発想を無視している。
女性蔑視とか、色々な意見があるようだが、そもそもなぜにそんなことを決めなくてはならないのか。
「皇太子は天皇が指名する」というだけでいいと想う。指名の相手が男だろうが女だろうが、全然問題なし。
あと、指名される側に皇籍離脱を含めた拒否権も必要。
ロイヤルファミリーの長男に生まれたから必ず王様になれる、というのも、現代的な感覚からいうとおかしな話。
生まれたときから天皇になることが決まっているなんて、堅苦しいだろう。
「普通の人になりたい」というのも権利としてはなければおかしい。
それで継ぐものがなければ、養子でも取ればよし。
伝統も大事だが、人権はもっと大事だよ。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。