中国も酷いが、一部の日本人も恥ずかしい

中国・韓国で反日暴動が続いている。
これをわれわれ日本人が非難するのは当然だが、在日中国大使館に嫌がらせが続いているという事実は、日本人として恥ずかしいことだと思う。
我々自身が毅然とした紳士的な振る舞いができればこそ、彼らの悪行を非難出来る立場になれるのだ。中国大使館に対する嫌がらせは、彼らの暴動とやっていることは変わりない。

それにしても中国人諸君、そんな暴動を起こしていてはお互いにプラスにならないことがわからないかな。
確かに戦中・戦前において、日本はひどいことをしてきたし、それに対する謝罪も十分ではなかったかもしれない。
だが、君らの政府はそれを非難できるほど聖人君子なのか?
他国の領土を踏みにじり、中国領としてしまった土地はまったくないといえるか?
欧米や日本の、列強といわれた国にされた酷いことを、他国に対してやっていないか?

日本が常任理事国になる資格はないといううのなら、同じ理由で私には中国が常任理事国にとどまる資格もないと思うが。

他国の教科書を云々する前に、自国の教科書は問題があるとは思わないのか?
(近現代に関しては、日中韓や周辺国の歴史学者が集まって、共通の認識を深め、共通の教科書ができればよいと思う)

天然ガスの問題にしても、領土の問題にしても、何事もお互い様。お互いを非難するのではなく、お互いについて勉強しあって、相互理解を深めていかないと、こういった問題は永遠に解決しないと思う。

mugakudouji
未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。