「父親たちの星条旗」

投稿日:

0359.jpg「父親たちの星条旗」を見に行った。
実は、本当に見たかったのは「硫黄島からの手紙」だったので、こっちはどうでも良かったのだけれど、なぜか見に行くことに。
と言うわけで、まったく期待していなかったのだが、感動した。

戦争映画は基本的に嫌いである。でも、好きな映画として「シン・レッド・ライン」を挙げているのは、死と隣り合わせの恐怖を、静かに誠実に描いた映画だからだ。

本作もそれに近い。
英雄として祭り上げられた人たちが、戦費調達のためのキャンペーンに利用され、苦悩する。
そして、散々利用された挙句、忘れ去られる。
戦場と、アメリカ本土のキャンペーンの落差が、非常に怖い。
昨日まで死と隣り合わせの戦場にいた男が、列車の食堂車で銀食器でご馳走を食べている。
たった写真一枚が、ここまで色々な物語を巻き起こすのかと驚いた。

名作と思うかどうかは見る人それぞれだけど、見て損は無いかな。
☆☆☆☆★
もう数回見て、それでもまだ見たいようなら☆5つに出来る。

画像引用元 映画.com