女性専用車両

投稿日:

livedoor ニュース

なんだか、女性専用車両が男性差別につながる、というような話題がネットで盛り上がっているそうだ。

原理原則から言えば、私は女性専用車両には賛成できない。
私は男女同権が「望ましい」と考えている者である。

しかし、痴漢対策という面で言えば、専用車両には消極的には賛成である。

悪名高き埼京線でも、上りの先頭車両が女性性専用だが、明らかにほかの車両に比較して空いている。
同じ料金を払って、男性は混雑した車両にしか乗れないわけだ。
だからといって、男女差別だ、という気はない。
女性は男性と同じ料金で痴漢の恐怖に怯えなければならないのだ。
混雑した車両に我慢しながら乗るのと、痴漢にあうかもしれない恐怖とでは、釣り合いが取れないだろう。

痴漢に対する根本的な解決がなされない限りは、女性専用車両という対処療法的な解決策も、止むを得ないと考える。
ただ、運用面では、もっと徹底すべきではないのか。

現在、障害者は男性でも乗り込むことが出来る。
障害の内容や度合いに関係なく、だ。
どうやら、何らかの障害を持った男性は、絶対に痴漢をしないと考えているらしい。
この車両の導入目的が「痴漢対策」なら、たとえ障害を持った方であろうと、乗車はご遠慮いただくのが筋ではないか。
第一、障害者の皆様向けの座席は、各車両にあるではないか。


ところで、たかが女性車両問題ごときで騒ぎ立てている男女同権主義者君は、もっと大きな差別問題をどうお考えなのだろうか。
それは、憲法の第1条から第8条の問題だ。
これらの人々は「別格」扱いでいいのか。
しかも、継承できるのは「男系男子」だけだ。
憲法と皇室典範で保障された、究極の差別ではないか。

根源にこうした部分があるからこそ、瑣末な部分まで歪な影響が出てくるんだ。
瑣末な部分が問題と思うなら、まずは根源から正さねばならないと思うのだが、いかがだろうか。