大失言?

投稿日:

大阪で市長やっている人が乱暴な発言をして反発を買っているようで。。。

ツイッター含め発言の全体を見ると理解は出来るけれど、どんなに的を射た発言でも言い方と時期を間違えると一部だけ切り取られてネガティブキャンペーンやられるのは目に見えているわけで、そういう意味ではやはり愚かな発言だったと思う。

ポイントとしては

  • 従軍慰安婦は当時は必要であった。
  • 同様の制度は他国もあったのに、日本だけ悪者扱いされる筋合いはない。
  • 日本軍が組織的に関与した証拠はない。
  • 従軍慰安婦は今は容認できない。
  • 日本は敗戦したのだから、侵略と言われても仕方ない。

といったところかな。

こういう風にまとめるとそうおかしなことは言っていない。

ただ、公人が発言して良いのかというとそれは別問題。

失言って言うのは不用意に本音を発言してしまうことで、立場を危うくすることをいう。

今回の場合、ほぼ確信犯で言っていると思われるので失言とは言い難い。

一応僕の考えを述べておこう。

従軍慰安婦については、強制連行した確たる証拠は存在しないし、日韓基本条約で解決済みとする姿勢は今後も続けるべき。

南朝鮮の人がそれで納得できないとしても、そういった形で解決させてしまった過去の政権が間違っているのであって、日本側に非はないということを理解させないといけない。

おそらく、実際にはそういった問題はあったのだろうと推測する。しかしながら、既に長い年月がたってしまい、事実上立証は不可能だろう。

もし今が数十年も前なら、むしろ積極的に認めて賠償金を支払った方が良かっただろうが、こうなってしまった以上もう認めるべきではない。

僕は、過去の行為の評価は過去の基準で行うべきだと考える。

確かに、現在の基準に照らせばこれは人権問題だ。

だが、人権などという概念が認識されなかった時代の行為を、人権で裁くことは出来ない。

慰安婦問題せよ何にせよ、それは当時の法で裁かれるべき問題だ。